体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見た目ほどんど「砂時計」

見た目ほどんど「砂時計」

豆を漉すだけなのに、コーヒードリッパーというものはナゼに化学実験道具のような複雑なメカニズム風情なのでしょう。ま、あれはあれで格好もいいのですが、デイリーのイメージはさっぱり。

そこへ行くと、この「ATMOS」はいたってシンプル。というか砂時計?

シンプルゆえに美しい

見た目ほどんど「砂時計」 ATMOSを構成するのは、2つのボトルとステンレスで作られた濾過装置。ご覧の通り部品も少なく、これなら組み立てに戸惑うこともなさそう。見た目ほどんど「砂時計」見た目ほどんど「砂時計」

どうやら使い方もいたってシンプルのようです。

ろ過装置にフィルターを設置したらコーヒー豆を入れる。次にボトルの片方にお湯(もしくは水)を雪、ろ過装置を取り付ける。ステンレスの上部に空のボトルを装着したら、あとは砂時計の要領でひっくり返すだけ。空っぽのボトルにポトポトとコーヒーがドリップされてくるという仕組みです。見た目ほどんど「砂時計」 ドリップされたコーヒーはそのまま瓶内保存もできるし、砂時計を眺めるように出来上がりを待つのも楽しいひとときに違いありません。見た目ほどんど「砂時計」見た目ほどんど「砂時計」

ATMOSの抽出方法は、コーヒー豆が水に浸かる従来の浸漬醸造酒に比べて、より繊細で豊かなフレーバーを楽しむことができるのが特徴です。

さらに、少ないコーヒー豆から抽出することができるので、経済的にもお得なのが嬉しいポイント。見た目ほどんど「砂時計」見た目ほどんど「砂時計」

持ち運びもしやすく、スリムなボディ、場所もとらないのもメリットです。Indiegogoでの資金調達にも成功。1万5000円ちょっとでフルセットが手に入るようだから、市販されたら人気に火がついてもおかしくないんじゃないかな。Licensed material used with permission by ATMOS Coffee見た目ほどんど「砂時計」この道具には「一人暮らしのコーヒー好き」に嬉しい仕掛けが隠されている。見た目ほどんど「砂時計」「ちょっぴり重め」が好きなコーヒーラバーへ。見た目ほどんど「砂時計」ハンドドリップを手助けしてくれる「半人前」のコーヒーメーカー見た目ほどんど「砂時計」好みの淹れ方にカスタマイズできる「次世代型コーヒーメーカー」が登場見た目ほどんど「砂時計」飲めば飲むほど、「キノコ」がどんどん生えてくる恐怖のコーヒーメーカー!!

関連記事リンク(外部サイト)

この道具には「一人暮らしのコーヒー好き」に嬉しい仕掛けが隠されている。
携帯しやすい「コーヒードリッパー」は、自転車乗りにオススメ。
逆転の発想。ハリオ「コーヒードリッパー」まさかの使い道

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。