体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プリンス追悼コンサートに本人がスクリーン出演! マイケル・ジャクソンのカバーも披露

プリンス追悼コンサートに本人がスクリーン出演! マイケル・ジャクソンのカバーも披露

 プリンスの命日の前夜である2018年4月20日に、プリンスの追悼コンサート【プリンス:ライヴ・オン・ザ・ビッグ・スクリーン】が、プリンスの故郷・ミネアポリスのターゲット・センターで行われた。

プリンス追悼コンサート写真&リハーサル映像

 プリンスのリマスターされた未発表の音源や映像を体験できるということもあり、様々な人種、年齢層の約7,000人のファンが会場に集結した。まずは紫のコスチュームを身にまとったホーン・セクション5人を含む、バンドメンバーが登場。メンバー紹介こそなかったものの、ザ・ニュー・パワー・ジェネレーションに在席していたメンバーが中心となっていた模様。コンサートのタイトルのように、ステージ中央のメインスクリーンにプリンスが映し出され、コンサートはスタート。なお、サブ・スクリーンはステージの右と左にも設置されていたほか、会場の一角となるフェンスには、ファンからプリンスへのメッセージの数々が掲載されていた。

 プリンスは「レッツ・ゴー・クレイジー」「デリリアス」「1999」と、大ヒット曲を惜しげもなく、ステージ上の生演奏に合わせて熱唱。コンサートの中盤では、プライベートで親しかったというマイケル・ジャクソンの「今夜はドント・ストップ」を歌うプリンスが見られた。そんなこの日のハイライトは、ザ・ニュー・パワージェネレーションに在籍していたシェルビー・Jがオーディエンスに「“私たちはプリンス愛してる”って聞かせて、プリンスのレガシー、人生を祝いましょう」と語りかけ、始まった「ナッシング・コンペアーズ・トゥ・ユー(愛の哀しみ)」。サプライズ・シングルとして配信になったばかりのこの曲はシェルビーが生前のプリンスとステージでデュエットしていたため、その映像がスクリーンに流れ、また実際のステージ上でも、生バンドに合わせてデュエットが行われた。

 さらに、ピアノの弾き語りライブをするプリンスの珍しい映像も流され、「ビューティフル・ワン」「ダイアモンド・アンド・パールズ」という至極のバラードも披露された。コンサートの終盤は「KISS」で大いに盛り上がり、そして誰もが待ち望んでいた最後の曲に向けて、紫のスモークがステージを包み込む。生前のプリンスが使っていたと思われるラヴ・シンボルのマークを施したマイク・スタンドがこの曲のためにステージ中央に置かれる。バンドの奏でるイントロに続き、スクリーンのプリンスが「パープル・レイン」を熱唱し、紫の紙吹雪がオーディエンスの上から舞い、2時間10分のコンサートが終わりを告げた。

PHOTO:Paisley Park Studios/Steve Parke

◎リリース情報
配信シングル「ナッシング・コンペアーズ・トゥ・ユー(愛の哀しみ)」
URL:https://bit.ly/2HlkYrJ

◎映像
未発表映像となるプリンス&ザ・レヴォリューションのリハーサル映像
URL:https://youtu.be/cpGA0azFdCs

関連記事リンク(外部サイト)

故プリンス、「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」未発表オリジナル・ヴァージョンの配信開始
故プリンス、死亡時に体内から“極めて高い”濃度のフェンタニルが検出
亡きプリンスを完全再現出来るのは俺達だ!ザ・ニュー・パワー・ジェネレーションが東京に降臨

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。