体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナイル・ロジャース率いるシックのニューALにブルーノ/ハイム/アンダーソン・パーク/デビー・ハリー他豪華ゲスト参加

ナイル・ロジャース率いるシックのニューALにブルーノ/ハイム/アンダーソン・パーク/デビー・ハリー他豪華ゲスト参加

 ナイル・ロジャース率いるファンク・バンド、シックのニュー・アルバム『イッツ・アバウト・タイム』にそうそうたるゲスト・アーティストがラインアップされていることが明らかになった。

 シックの25年ぶりとなる待望のニュー・アルバムにはブルーノ・マーズ、アンダーソン・パーク、ディスクロージャー、ナオ、ジョルジャ・スミス、レイ・BLKが参加していることが発表されていたが、【コーチェラ 2018】の会場でピッチフォークのインタビューに応じたロジャースが、さらにハイム、ブロンディのデビー・ハリー、クレイグ・デイヴィッド、ステフロン・ドン、そしてムラ・マサの名前を挙げた。

 以前米ビルボードとのインタビューで彼は、「このアルバムは俺の人生を反映しているだけでなく、祝っているんだ。俺(が関わってきた人々と)のすてきな関係や素晴らしいターニング・ポイントの数々を祝っている」と話していた。

 65歳のディスコ・レジェンドで音楽プロデューサーである彼は、現在シックのニュー・アルバムを英ロンドンのアビー・ロード・スタジオでレコーディングしている。リリース日はまだ発表されていないが、2018年中に出すと彼は断言している。

 『イッツ・アバウト・タイム』はもともと2015年にリリースされる予定だったが、ロジャースが癌と診断されて制作がストップしていた。その後癌は取り除かれ、昨年12月に彼は自身のブログに、「100%回復すると診断された」と綴った。

関連記事リンク(外部サイト)

デュラン・デュラン 9年ぶりの日本公演決定! 東京にはCHIC feat. ナイル・ロジャースも
アンダーソン・パーク/ブルーノ・マーズ/ナイル・ロジャース/ディスクロージャーがアビイ・ロード・スタジオで作業する模様が公開
ナイル・ロジャースがボウイ、プリンスとの思い出を回想「彼らが世界に与えたもの、俺個人にくれたものは特別」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。