体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

入場無料!GW限定の野外シアターがみなとみらいに登場


ゴールデンウィーク中の5月2日(水)~6日(日)の期間、横浜赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAで、野外シアターイベント「SEASIDE CINEMA」(シーサイドシネマ)が開催される。


横浜赤レンガ倉庫会場では「THEATER RED BRICK」(シアター赤レンガ)と銘打って、みなとみらいの夜景が一望できる芝生が広がる赤レンガパークに約450インチの特設スクリーンを設置。

家族みんなで楽しめる「ファミリー映画」をテーマに、1979年製作・公開の不朽の名作アニメ「ルパン三世 カリオストロの城」や、イギリスの児童文学作品シリーズを初めて実写映画化した「パディントン」など、大人から子供まで楽しめる名作映画を毎日日替わりで上映する。

さらに日中には、名だたるテーマパークや映画の美術セットを手掛けるアーティスト岡本明久氏が制作した「THEATER RED BRICK」オリジナルの美術セットを体験可能。まるで映画の世界に入ったかのようなフォトジェニックな空間を楽しめる。


一方、MARINE & WALK YOKOHAMAで行われる「THEATER MARINE & WALK」(シアター マリン&ウォーク)では、一度は観ておきたい傑作の中から「海と音楽」をテーマにシネマを上映。

世界50か所で4年以上の月日をかけ、世界中の海とそこに暮らす生命体を革新的な映像美で描いた海洋ドキュメンタリー「オーシャンズ」や、心に傷を持った少年たちの生涯忘れられないひと夏の冒険をあの有名な主題歌とともに描く「スタンド・バイ・ミー」などの、人生を豊かにする名作映画が鑑賞できる。


こちらの会場では日中、木材を使ったDIYウッドローチェアワークショップを実施。作った作品は、そのまま夜の「THEATER MARINE & WALK」会場に持参し使用できる。

両会場の施設内の店舗でも、映画鑑賞にぴったりの特別なテイクアウトメニューを取り揃えているので、もちろん手ぶらでも映画鑑賞を楽しめるが、各会場への飲食物の持込は自由なので、家で軽食を用意してピクニック気分で映画鑑賞するのも楽しそう!また、両会場ともに事前予約は不要で入場無料。詳しい上映演目については各会場のホームページで確認を。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。