体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察のエリートコース「捜査二課」の仕事とは?

警察のエリートコース「捜査二課」の仕事とは?

刑事部捜査第二課は企業の横領や談合に脱税、贈収賄や選挙違反、詐欺などの知能犯を扱う部署です。捜査二課は大きな経済事件を担当する、警察のエリートコース。中でも捜査二課をまとめる二課長は警視総監の登竜門といわれています。歴代警視総監も輩出する捜査二課の仕事について詳しく見ていきましょう。

捜査二課が担当する知能犯とは?

警察の刑事部には「一課」のほかに「二課」と「三課」、そして「四課」があります。二課は「知能犯」、三課は「盗犯」、四課は暴力団等の取り締りを担当。ただし、警視庁と福岡県警では四課を「組織犯罪対策部」「暴力団対策部」として独立させています。

これらのうち、捜査二課の担当する知能犯とは、詐欺や通貨偽造、贈収賄といった金銭・経済・企業犯罪を指し、さらに選挙違反も捜査二課の担当。もちろん、世間を賑わせている「振り込め詐欺」などの特殊詐欺を担当しているのも捜査二課です。

捜査二課が担当する知能犯とほかの刑事犯との大きな違いは、綿密な計画に基づいて行われる点にあります。その犯罪計画の中には、犯行が発覚した時の対処法も盛り込まれているケースがほとんどです。

例えば振り込め詐欺の場合、電話をかける「かけ子」、口座から現金を引き出す「出し子」、現金を受け取る「受け子」と呼ばれる役目の上に、ピラミッド式で指示を与えたり計画を練る上部の人間がいます。

捜査二課の刑事は常に新しい知識

したがって、末端の人間を逮捕しても、上部の人間は予め計画していた通り、証拠を隠滅して無関係を装ったり、雲隠れしたりするため、完全な事件の解決には結びつきません。そのほかの詐欺においても同様で、一様に組織的に行動するため、尻尾を掴むことのできる相手は限られてくるのです。

これは贈賄や選挙違反にもいえることで、実際には上の人間の指示に従ったにもかかわらず証拠が不十分で、ホンボシまで捜査が届かないということもありえます。

そのため、事件の完全な解決のために捜査二課の刑事は緻密な捜査が求められ、実行犯を検挙しても、それで一件落着というわけにはいきません。さらに、贈賄や選挙違反は別として、詐欺や通貨偽造は日を追うごとに巧妙さが増します。

通貨偽造でいえば、最近では高精度のスキャナーとプリンターで、素人でもそれなりのニセ札を作ることが可能。詐欺においても、架空請求詐欺や融資保証詐欺、還付金詐欺といった新たな手法が生み出されています。

これらに対応するためには過去の経験に頼ることができず、捜査二課の刑事は常に新たな知識と情報の取得が必要となるのです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。