体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

逆風は、浮力を生むチャンス。批判は、自身の思いを確かめる機会――秋元祥治『20代に伝えたい50のこと』

逆風は、浮力を生むチャンス。批判は、自身の思いを確かめる機会――秋元祥治『20代に伝えたい50のこと』

大学在学中、21歳で地域活性化に取り組みたいとG-netを創業された秋元祥治さん。経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」のうちの一人として紹介されるなど、活躍されています。そんな秋元さんの著書『20代に伝えたい50のこと』が話題となっています。

『20代に伝えたい50のこと』は現在38歳となる秋元さんご自身が、20代のころに伝えたかった内容をまとめたもの。この本をベースに、“これからの生き方を模索する20代”に向けて「指針」となるような言葉を紹介したいと思います。

第3回目となる今回は、「逆風は、浮力を生むチャンス」についてです。

プロフィール

秋元 祥治(あきもと しょうじ)

岡崎ビジネスサポートセンター・OKa-Biz センター長

NPO法人G-net理事(創業者)

1979年生まれ。大学在学中G-netを創業。中小企業支援と若者をつなぐ長期実践型インターンシップ事業を立ち上げ、高校教科書「政治経済」に掲載されるなど高く評価される。一方中小企業支援をf-Biz・小出宗昭氏に師事。2013年よりOKa-Bizセンター長に就任。4年間で8000件を超える相談を受け、売上アップをサポート。3~4週間の相談待ちがでる人気の相談所となっている。経済産業省「キャリ教育アワード」優秀賞、「ものづくり日本大賞」優秀賞などを受賞。早稲田大学社会連携研究所招聘研究員・内閣府地域活性化伝道師。

経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」のうちの一人として、また雑誌「AERA」や書籍『社会起業家になる方法』では、日本の主な若手社会起業家の一人として紹介されている。

夢を実現するための第一歩は「言葉にしてみること」

あれをやってみたい、とかこの夢を実現したいとか……願うことってありますよね。そして多くの場合、願っても叶うわけじゃないし……っていつのまにかあきらめてしまっていることって多くないですか。

やってみたい、これ知りたい……って気持ちの中で浮かんでも「そんなの無理だし……」って無意識にその思いにフタをしちゃうようになってしまっている人って多いんじゃないかな、と感じます。

そんな人におすすめしたいのは、とにかく言葉にして言ってみること。やりたいことや、ほしいもの、会いたい人、そして知りたいことはまず言ってみる。

 

事業を始めた頃は、お金もなかったのでオフィスを借りる余裕もない。そんな中で「オフィスがほしいんだけれど、どなたか取り組みに共感してタダで貸し出してくださる方はいませんか?」と出会う人すべてに言っていました。そうすると、「△△さんに、一度聞いてみては」「あそこのビル、空いているから大家さん貸してくれるかもしれないよ」と情報が集まってきたり、実際につながっていったりしたものでした。

そうやって、21歳で事業を始めて当初数年は、無料もしくはほぼ無料に近い賃料でオフィスをお借りしていました。さらにオフィスで使用していた長机や書類ラックは近隣の銀行の支店でオフィス用品の入れ替えがあるとのことで、無料で頂戴しました。また会議用のイスは、やはり商店街にあるレストランがイスを買い替えるということでもらってきました。

その上、事業を取り組む上で車が必要だからと「使っていない車があれば、いただけませんか?あるいは使用してないものをお借りできませんか?」と聞いて回っていると、「今は会社のハイエースもほとんど使っていないから」と無償で(車検・保険代の実費だけで)数年にわたってお借りすることもできました。

大学の後輩で、途上国での教育支援を行っている税所篤快(さいしょあつよし)くんも同じような経験をしたと言います。彼は20 歳の時、バングラデシュに教育施設をつくり現地の若者の大学進学の後押しをスタート。自身が受験生の時に通った東進ハイスクールにヒントを得て、教育環境の整わない現地で、収録した講義を流し自習する機会をつくろうという取り組みでした。お金もネットワークもない中で、100万円以上の資金を集めたのも、会う人会う人に資金の必要性を語り続けたから。その中で、共感して応援しようという人物が現れたといいます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。