体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ROOX、組立方式により薄くて軽量なiPhoneケース「PhoneFoam Dual Skin」を発売

スマホアクセサリーブランド ROOX は 4 月 23 日、バンパーと背面カバーを分離式にすることで薄くて軽量、そして良好な装着感も実現した iPhone 用ケース「PhoneFoam Dual Skin」を発売しました。
PhoneFoam Dual Skin は、バンパーと背面カバーを分けて二段階の組立方式を採用しており、背面カバーの端がバンパーに覆われる形となるので、一体型形成のケースよりも薄くて違和感のないグリップ感を提供するようになっています。
また、PhoneFoam Dual Skin ではバンパーと背面カバーで使用する素材を変えており、端末の全周囲を覆うため、コーナー部分から落下した時には TPU 素材がショックを吸収し、ポリカーボネート素材がしなりで衝撃を分散することで、落下の際の保護力にも優れています。
PhoneFoam Dual Skin の対応機種は、iPhone 6 / 6s / 7 / 8(共用)と iPhone X で、Android 用は発売されていません。
価格は、2,280 円 + 税で、Amazon や全国の家電量販店で販売されています。
Source : ROOX

■関連記事
最高速度120km/hの高性能GPSドローン「JYU Hornet 2」がお手頃価格で販売中
ASUS ZenFone 5 ZE620KLのボディチェック、他社スマホとのサイズ比較も
HOYAの暗所視支援メガネ MW10がいよいよ出荷開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。