体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【コーチェラ2018現地レポート】カーディ・B、憎めないキャラが滲み出た想像以上にエンタメ性の高いステージ

【コーチェラ2018現地レポート】カーディ・B、憎めないキャラが滲み出た想像以上にエンタメ性の高いステージ

 米カリフォルニア州インディオにて毎年開催されている世界的野外音楽フェスティバル【コーチェラ・バレー・ミュージック&アートフェスティバル】。

【コーチェラ2018】写真(全92枚)

 昨年に続きBillboard JAPANの特派員が、2018年4月13日~15日にかけて行われたウィークエンド1に参加。ここでは、デビュー・アルバム 『インベージョン・オブ・プライバシー』が大ヒットの今ノリに乗ったフィーメール・ラッパー、カーディ・Bのライブ・レポートをお届けする。

 人気テレビ番組でのパフォーマンス中に妊娠したお腹を披露したことで大きく取り上げられ、人気急上昇中のカーディ・B。この日の目玉アクトの一人で、夕方6時でメイン・ステージにこれだけ人が集まるのは未だかつて見たことのない光景だ(2枚目の写真参照)。

 1週間前に発売した『インベージョン・オブ・プライバシー』の1曲目「Get Up 10」でライブはスタート。女性ダンサーを10名ほど引き連れ、 カーディ・B含め真っ白に統一された衣装で登場。スクリーンには肌の露出度がかなり高い過去の画像のコラージュが映し出されていたが、以前ストリッパーであったことを誇りに思うようなその態度が観ていて清々しい。「妊娠中だから、G・イージーのヘルプが必要ね」と言うと、G・イージーが登場し彼の「No Limit」を演奏中にダンサーはステージ上にあるポールを使用してポールダンスを披露。

 「She Bad」では共演者のYGがゲストとして登場。「今、私は最高の人生を送っている」という宣言の後、「Best Life」でチャンス・ザ・ラッパーも飛び入り。続く「Ring」でケラーニが登場と、ゲストが豪華すぎる。「Be Careful」のしっとりとしたリズムに合わせたラップは何とも切ないのだが、婚約し、新しい命を授かったステージにいる彼女を観ると祝福したい気持ちが込み上げ彼女へ敬意を払いたくなる。

 そして「Finesse」の爽快なラップにオーディエンスは大盛り上がり。もちろん、日本公演中のブルーノ・マーズは参加が無理なので、彼のパートが始まる所で終了。「Bartier Cardi」ではこれでもかと21サヴェージがゲスト出演。3曲に1曲はゲストが登場するという大サービス。全米1位になった「Bodak Yellow」でパフォーマンスを締めくくった。

 タイムテーブルが発表された時、35分しか演奏時間がないことに短いと感じたが、15曲を演奏し、想像以上にエンターテイニングで満足の内容だった。ライブ中、彼女の生き方、表現の潔さに憎めない人柄が滲み出ていた。しかも決して作られたキャラクターではなく本当の彼女なんだと思えるから、 ここまで短期間で人気が急上昇したのだと納得のいくライブだった。

Photo: Getty for Coachella

◎公演情報
【コーチェラ・バレー・ミュージック&アートフェスティバル】
米カリフォルニア州インディオ
エンパイア・ポロ・フィールド
ウィークエンド1:2018年4月13日~15日
ウィークエンド2:2018年4月20日~22日
INFO: http://www.coachella.com

関連記事リンク(外部サイト)

【コーチェラ2018現地レポート】かつてない規模のエンタテインメント・ショーで魅せた女王ビヨンセ
【コーチェラ2018現地レポート】ケンドリックも飛び入り参加した、SZAの魅力溢れるステージ
【コーチェラ2018現地レポート】一流エンターテイナーとなったザ・ウィークエンドによる非の打ち所がないパフォーマンス

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。