体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

甘さ控えめで楽しめる!?  オフィスでもオシャレに味わえる『オランジーナ ビタースパークリング』

2012年に日本に上陸して以来、すっかりオレンジ炭酸飲料として定着した感のある『オランジーナ』。炭酸水ブームも到来した中、昨年は『オランジーナ フレンチスパークリング』もナインナップに登場したが、このたび、甘さ控えめでビジネスのオンタイムにもピッタリな『オランジーナ ビタースパークリング』が発売となった。来日時からの『オランジーナ』ファンである記者、さっそくお試ししてみた!

すっかり日本でも国民から愛されている『オランジーナ』ブランド

 

サントリー食品インターナショナルより発売されている『オランジーナ』ブランドの新作『オランジーナ ビタースパークリング』(450mlペットボトル・希望小売価格 税抜124円・2018年4月10日発売)。無糖炭酸飲料のニーズ拡大に伴い、仕事中などに飲む有糖炭酸飲料でも甘さ控えめでさっぱりしたい、という消費者の声に応えて商品化されたという。

 

オレンジ果汁の苦みと、爽やかな後味によるリフレッシュが期待できそうだ。

 

 

果汁は、オレンジとレモンが3パーセントブレンドされている。『オランジーナ』で培われたオレンジピールエキス由来の自然なほろ苦さも含まれており、従来からのファンの期待感も高まる。

 

フランスの国民的オレンジ飲料であるということと、飲みごたえのほろ苦さの両方を表現した、寅さんに扮するリチャード・ギアの『オランジーナ』CMが懐かしい。

 

改めて『オランジーナ』の特徴を考えてみると、非常によくできたCMだったのだと、今さらながらに感じる次第。

 

オレンジの爽やかな香りが広がるも、苦みはそこまでじゃない!?

 

さて、さっそくコップに注いでみると、柑橘系の爽やかな香りがシュワシュワと広がっていく。もうこの時点で美味しい。

透き通るような炭酸水をコップに注ぎきって、いよいよ飲んでみることに。

 

無糖炭酸水ではなく、あくまで有糖炭酸水なので、甘みが薄すぎるということもなく、はっきりとオレンジの旨味を感じるスパークリングが口の中に広がっていく。

 

後味として、オレンジピールの苦みを感じることができ、すっきりとした味わいには間違いないが、思っていたほどビターテイストではないので、そこに重点を置いて飲むと気をそがれてしまうかもしれない。

とはいえ、オフィスで仕事中に従来のカラフルな『オランジーナ』を飲んでいては目立ってしまうし、無糖じゃ物足りない……という方にはピッタリなテイストだ。意識的には、甘みと苦みをしっかりと味わえる従来の『オランジーナ』の少し甘さ控えめ版といったところだろうか。

 

もちろん、家でくつろいで飲むときは、氷をたっぷりと入れて、より爽やかにしても美味い!『オランジーナ』の新たな選択肢として楽しめる『オランジーナ ビタースパークリング』。

 

ちなみに、従来の『オランジーナ』もリニューアルして新発売中。これからも国民に広く愛されるブランドを広げていってほしい。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

『オランジーナ カシスオレンジ』今年のクリスマスはイケてる大人のオレンジジュースで乾杯!
新旧飲み比べ●新しくなった大人の炭酸飲料『オランジーナ』は旧製品とどこが変わった、どう変わった!?
『オランジーナ カシス&オレンジ』いつでもどこでも”かわいい自分”を演出したい女子のために!
『オランジーナ フレンチスパークリング』フランス生まれの炭酸水は、甘さがスパッと消える驚異のスッキリ感
『ブラッドオランジーナ』果実味濃厚で隠しスパイス、赤くて甘い大人向け炭酸!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。