体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ビールの日」に学ぶ、お酒とがんの切っても切れない深い関係とは

「ビールの日」に学ぶ、お酒とがんの切っても切れない深い関係とは
毎年4月23日は「ビール(地ビール)の日」とされています。4月に入り、お花見や歓送迎会などでお酒を飲む機会が増えた、という方も多いのではないでしょうか?

飲酒量が増えると気になるのがお酒に関連する病気。長年の飲酒は「がん」のリスクになるといわれています。

飲酒ががんに影響するということはなんとなく知っていても、どうしてそうなるのか、どのようなガンになりやすいのかは知らないのでは?

今回は気になるお酒とがんの関係について、医師の吉田先生に解説していただきました。

飲酒すると、どんながんになりやすくなる?

お腹を押さえる女性

WHO(世界保健機関)によれば、飲酒は、口腔がん、喉頭がん、咽頭がん、食道がん、肝臓がん、大腸がん(結腸がん・直腸がん)、女性の乳がんの要因とされています。
*1

他にも、胃がん、膵臓がん、肺腺がん、膀胱がん、皮膚がんと飲酒の関連性も報告されており、幅広く影響が及ぶことがわかっています。
*2

厚生労働省(2005年)によれば、日本人男性に発生したがんの13%が、1週あたり純アルコール300g(ビール7.5L相当)以上の摂取によって起こったもの、といわれています。
*1

飲酒ががんを引き起こすメカニズム

二日酔いに悩む女性 

アルコールは、体内でADHという酵素によりアセトアルデヒドに分解され、その後、別のALDHという酵素によって酢酸まで分解されます。

しかし、これらの酵素の働きが弱い場合、アルコールやアセトアルデヒドがいろいろな臓器の細胞に蓄積し、細胞の遺伝子変異を生じさせることにより、正常な細胞のがん化を促します。

口腔がん、咽頭がん、食道がんの発生に、このメカニズムが関わっていることは、以前より知られています。

お酒に強い弱いって関係あるの?

酵素ALDHの働きが弱いタイプの人は、飲酒で顔が赤くなり、二日酔いを起こしやすいです。また、東アジア人の男性における調査では、飲酒で顔が赤くなる人では、食道がんのリスクが高いという結果も得られています。
*5

日本人は酵素の働きが弱い

日本人では、ALDHの働きが弱いタイプは40%にものぼります。飲酒で顔が赤くなりやすい人は、がん予防においては特に注意する必要がありそうです。
*1

そして近年、膀胱がんについてもADHやALDHの働きの弱さとの関連性が指摘されたほか、これらの働きが弱いタイプの人が1週間に純アルコール150g(ビール3.8L相当)以上を摂取した場合、胃がんのリスクをも上昇させることがわかってきました。
*2*3

がんになりやすいお酒の種類

また、アセトアルデヒドには、遺伝子変異のみならず、紫外線の発がん性を助長する作用もあると考えられており、とりわけ白ワインと蒸留酒が皮膚がんの一種「基底細胞がん」を生じやすくする可能性があります。
*4

女性はとくに乳がんにも注意が必要?

乳がんピンクリボン

乳がんはとくに注意

飲酒に関して、乳がんについてはより注意する必要があります。1日あたり純アルコール10g(ビール250mL相当)の摂取が増えるごとに、発症リスクは7-10%ずつ高まります。
*6

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。