体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「LINE API Expert」第1期 日本メンバー5人に選ばれたのはどんなエンジニア?

「LINE API Expert」第1期 日本メンバー決定!

「LINE API Expert」とは、LINE APIの知識と高い技術力を持ち、そしてコミュニティに対する発信力が高いエンジニアの方々を認定して、LINE APIの提供価値を示すための活動を支援する制度。

そのLINE API Expertの発案者であり、今回認定された日本メンバー5人の選考にも大きく関わったというLINEの砂金信一郎さんは、彼らがLINE APIのブランド価値を高めつつ、さらに高みを目指すことを期待していると語ります。

「今回はエンジニアとしてのスキルセットが高く、コミュニティリーダー的な人をLINE API Expertに選ばせていただきました。

非公開のAPI/SDKに対するクローズドβプログラムへの参加機会などを提供して課題点のフィードバックをしていただいたり、記事やブログの執筆、開発者コミュニティへの積極的な発信を行っていただく予定です。

まだできたての制度なので、我々もできる限りその活動を支援していきたいと考えています。」(砂金)

LINE株式会社 Developer Relationsチーム マネージャー 砂金信一郎さん

ワクワクフィクサー若狭氏が、LINE API Expertに!

2017年11月の募集開始から200人以上の応募があり、厳正なる審査の結果、採択された第1期日本メンバーは5人。

そのメンバーの中には「LINE BOT AWARDS」でCodeIQ賞を授賞し、同じくLINE BOT AWARDSで注目されたLINE BOTアプリの開発者たちを紹介してくれた若狭氏の名前もありました。

「若狭さんは頼んでもないのに、LINE APIに対してガンガン注文をつけてくるんですよね。これはすごくありがたいこと。そういった意見にできるだけ応えて実現していきたい。CodeIQで見せた、独特のキャラクターでファンが多いインフルエンサーであるということも大きな選抜理由です」(砂金)

若狭 正生さん

ふむ。たしかにこの若狭氏の男泣きシリーズはかなりの反響をいただきました。

若狭氏が登場したLINE BOT AWARDSレポートより抜粋

20代のデベロッパーを開拓し、コミュニティを盛り上げてほしい

LINEといえば、若い世代を中心にコミュニケーションツールとして圧倒的なシェアを誇ります。今回日本メンバーで唯一の20代若手が、6000名を超えるコミュニティ「IoT縛りの勉強会! IoTLT」を運営し、毎月イベントを開催している菅原のびすけさん。

のびすけさんはLINE BOT AWARDSの運営サイドにも協力しながら、若手クリエイターたちとイベントを盛り上げていたとのことで、そのコミュニティリーダーとして行動力や求心力にかなり期待を高めているそうです。

そんなのびすけさんに期待しているのは、「若い世代のデベロッパーをさらに増やし、次の世代につなげてほしい」と砂金さんは語ります。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。