体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

綺麗な海もリゾートもいらない。潔癖女子がセブ島のローカルマーケットに行ってみた

綺麗な海もリゾートもいらない。潔癖女子がセブ島のローカルマーケットに行ってみた

フィリンピン留学へ来ましたどうも伊達です。到着した翌日は平日でしたが祝日の為学校はお休み!と、言うわけで観光をしに出かけることに。

フィリピンは、ボラカイ島へ行ったことがあるくらいで、他の場所については全く知りません。ネットで調べてみると地元の人でも「危険だからいくな」と言われているマーケットがあるらしく、日本人の女性達が行っていた記事を発見したので、「昼間なら大丈夫そうだし行ってみよう」と、行くことに決定!

 

ところでなんでセブ島へ?

私がなぜ今セブ島に3ヶ月いるかというと、セブ島留学をしに来ているからなのです。Nexseedに通って語学を学んでいます。ここでは屋内授業だけでなく課外授業もあるので、ただの旅行で来ていたら訪れないようなところも授業の一環で訪れることができ、貴重な体験を味わうことができます!

立地も、アヤラモールのすぐ側なので学校帰りはショッピングに出かけることもでき、最高の人生を過ごし中です!

 

たどり着いたのはカーボンマーケット

IMG_2783

“WELCOME TO CARBON PUBLICMARKET”の看板が見えたら到着です!

蒸し暑さなのか普段からなのか、かったるそうに接客している人、せわしなく動いている人、バイクで荷物を運んでいる人やタバコを吸っている人で溢れています。そしてやはり外国人は1人もいませんでした。馴染める格好をして行ったものの、やはり外国の人だとバレてしまいます。

皆んな珍しいのかジロジロと見てきますが、何もしてきません。バッグなどの貴重品はしっかり前に抱えて気を抜かなければ大丈夫です。

 

所狭しにたくさんの屋台が

カーボンマーケットの始まりには魚市場もありますが、臭いがきついので入る気持ちになりませんでした…。

そして、進むと果物や野菜の屋台がずらりと並んでいて、地元の人が買い物をしていました。

通りはこのようになっていて、割と道は広いです。ただ、トラックやバイク、ジプニーが走っているので混雑時は身を守るのに必死でした。それでも、アジアっぽい雰囲気は存分に味わえます!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。