体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デジタルアート×アスレチック! 「チームラボアスレチックス 運動の森」が今夏オープン【東京】

デジタルアート×アスレチック! 「チームラボアスレチックス 運動の森」が今夏オープン【東京】 チームラボアスレチックス

世界中で活躍するウルトラテクノロジスト集団チームラボが、今年も新しい体験を届けてくれます♪2018年夏にお台場でオープン予定の「森ビルデジタルアートミュージアム:teamLab Borderless」 内に、「身体で世界を捉え、そして立体的に考える!」をコンセプトにした創造的運動空間「チームラボアスレチックス 運動の森」の誕生が決定しました!

「光の立体ボルダリング」、「グラフィティネイチャー 山山と深い谷」、「重力に逆らったような動きをする光の立体物に埋め尽くされた空間」など複雑で立体的なインタラクティブデジタルアート空間に体ごと没入できるこの場所。いままでにない感動を味わえるデジタルアート×アスレチック、その作品をご紹介します♪

記事配信:じゃらんニュース

デジタルアート×アスレチック作品

宇宙の星々の一生をテーマとした「ポヨンポヨン宇宙」

ポヨンポヨン宇宙

チームラボが開発した特殊な布の上で飛び跳ねる「ポヨンポヨン宇宙」。沈んだり、跳ねたり、近く人が飛ぶと、その反動で跳ね上げられたりします。宇宙の星々の一生がテーマだというこちら、まるで自分が一つの星のように感じられるかも?

輝く玉石がホールドに!「光の立体ボルダリング」

光の立体ボルダリング

輝く玉石(ボルダー)が3次元上に配置され、立体ボルタリングが楽しめるこちら。参加者は特定の色に輝くバッジをつけ、その色が光るホールドを掴んで進んで行きます。参加者同士がぶつからないように、ルートはリアルタイムで更新。さらに、隣のホールドやバッジが呼応し同じ色に輝いたり、音色を響かせるなど、一般的なボルタリングでは味わえない新鮮な体験ができます。

鳥の色が変化していく「色取る鳥の群れの空中吊り棒渡り」

色取る鳥の群れの空中吊り棒渡り

鳥の群れが自由に飛び回る空間内にある、ロープで吊られた浮かぶ棒を使って、空中を立体的に移動できるこちらの作品。鳥たちは人を避けて飛びますが、人の近くに寄る際はその人の色に変化していきます。リアルタイムで描かれ続けている作品なので、二度と同じ瞬間をみることはできません。

自身のイラストが作品の一部になるィティネイチャー 山山と深い谷」

グラフィティネイチャー 山山と深い谷

自身が描いた生き物のイラストがデジタル化され、山と谷で構成された大空間に解き放たれるこちら。誕生した生きものたちは、他の生きものを捕食、または捕食されながら生態系を作り上げていきます。

光の物体に埋め尽くされる「重力にあらがう生命の森」

重力にあらがう生命の森
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。