体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たった100円でMacBookをタッチ対応に

たった100円でMacBookをタッチ対応に

わずか100円程度(1ドル)で、MacBookをタッチ対応にする技術が開発された。

必要となるのは、鏡とヒンジと接着剤。

仕組みは意外とシンプル

たった100円でMacBookをタッチ対応に

PCのディスプレイを触ったら少し色が変わるという現象は、おそらく多くの人が体験したことがあるだろう。

MacBookのタッチスクリーン化を実現したMITの大学院生Anish Athalyeさんのブログによれば、この状態は他の場所よりも指に触れている部分が明るくなり、その反射の仕方でタッチしているかどうかを判断できるそう。たった100円でMacBookをタッチ対応に

このようにヒンジで角度を調整した鏡をMacBookのカメラに取り付ければ、指の動きを認識できる準備は完了。あとは、専用のアプリをインストールするだけ。

低コストでタッチ対応にできるなら今すぐにやりたいくらいだが、このアプリは試験段階にあり、残念ながらまだリリースはされていないとのこと。

ちなみに、Anishさんを含む4人の研究チームは、約16時間でこの仕組みをつくりあげたらしい……。Licensed material used with permission by Anish Athalye

関連記事リンク(外部サイト)

ポケットに入れるだけでスマホを充電してくれる「バックパック」。
20分かかるフェイスパック。これなら、たった1分半で!
頭につけるだけで、集中力が鍛えられるガジェット。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。