体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ついに公開!スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』を観る前に知っておきたい3つの事

ついに公開!スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』を観る前に知っておきたい3つの事

4月20日(金)に全国公開となった『レディ・プレイヤー1』。アーネスト・クライン原作の大人気SF小説『ゲームウォーズ』(原題はREADY PLAYER ONE)をスティーブン・スピルバーグ監督が映画化し、注目を集めている。

今回は、80年代のディープなポップカルチャーからの影響が随所に見られるこの新作を楽しむ前に、この映画について知っておきたい3つのことをご紹介しよう。

1. アーネスト・クラインによる原作『ゲームウォーズ』の素晴らしさ

J・K・ローリングにとっての『ハリー・ポッター』のように、2011年に出版されたクラインのデビュー小説『ゲームウォーズ』は圧倒的な成功を収めた。『フィフティ・シェイズ』シリーズや、『ゲーム・オブ・スローンズ』などのような作品と競い合い、NYタイムズベストセラーのトップ10にランクインしていたのだ。

クラインの子供時代に影響を及ぼした80年代の映画や音楽への賛辞とも言えるこの作品は、瞬く間に批評家の反響を呼び、『エンターテインメント・ウィークリー』誌や『ボストン・グローブ』などから好評価を得た。世界での評価も高く、これまで20カ国以上の言語に翻訳された。また、米国図書館協会の目に留まり、プロメテウス賞を獲得した。

2. 『レディ・プレイヤー1』は80年代のエンターテインメントファンにとって完ぺきとも言える内容

舞台は、貧困の差が激しい2045年。人々は、思い浮かんだ夢が実現するVRワールド「オアシス」に没頭していた。そんな世界で、1人の青年ウェイド(タイ・シェリダン)が思いがけず仮想世界のヒーローとなる。

この仮想現実の世界では、往年のアイコン的存在がズラリと登場する。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンから『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガー、米アタリ社のゲーム機「Atari2600」、カナダのロックバンド「Rush(ラッシュ)」に至るまで、実に様々。ガンダムやキティちゃんなど日本生まれのキャラクターも登場するので必見だ。

3. そもそもスピルバーグ監督のSF映画を見逃すことができるだろうか?

スピルバーグ監督は、かつて『激突!』や『JAWS/ジョーズ』、『1941(いちきゅうよんいち)』の時に用いた風刺を酷評されてからは特に、自身の作品に他作品との関連性を盛り込みすぎることには積極的でない、と言われていた。それでも彼は、監督としてだけでなく、様々な世界を作品の中に取り入れる”設計者”として、様々な作品の断片を、仮想現実の世界で見事につなぎ合わせている。

文字どおり世代を超える映画ファンたちを魅了してきたスピルバーグ監督。もちろん、そんな同監督の映画に登場してきたキャラクターも新作に登場する。

『レディ・プレイヤー1』は、4月20日(金)から絶賛公開中。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ロバート・ダウニー・Jrについてあまり知られていない11のおかしな事実
スティーヴン・スピルバーグが映画『ブラックホーク』でDC作品に初挑戦!
ヴィン・ディーゼル、『トリプルX』第4弾を製作&引き続き出演!年末に撮影開始へ
ジェイソン・ステイサム、海洋パニック映画『The Meg』撮影のため本物のサメと泳いだ体験を告白!
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新ポスターが公開!テーマパークがたどる残酷な運命を示唆

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。