体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

強炭酸カロリーオフカルピスソーダも、できたて生ハイボールも! 『ソーダストリーム Spirit スターターキット』でホームパーティーはより盛り上がる

アンジャッシュ・渡部建のCMでもおなじみ。家庭で簡単に水道水を使って炭酸水が作れるソーダメーカー『ソーダストリーム Spirit(スピリット)スターターキット』。好みの強さの炭酸水を、作ってすぐ飲むこの楽しさは、一度試すとクセになる!?

500mlで約18円とコスパ最高、ペットボトルのゴミの山とおさらば! 電源不要で、いつでもどこでも美味しいできたて炭酸が味わえる!

大方の飲食物は、できたてが美味しい。どんなに真空密封や冷凍、保存料などで工夫しても、その場で作ったものにはかなわないものだ。では炭酸水はどうか。ウィスキーなどのお酒の割材として、はたまた最近ブームの「ウィルキンソン タンサン」(アサヒ飲料)に代表される、そのまま飲むヘルシードリンクとして、今やなくてはならない存在である。

そんな時に一番問題になるのは、ゴミ。飲めば飲むほど、つぶれにくいペットボトルのゴミが量産されていく。地球に優しくないというのはともかく、場所をとるし、ペットボトル回収日が限られている地域だと、その手間は結構大きい。

その点、ソーダストリーム株式会社(東京都渋谷区)の『ソーダストリーム Spirit(スピリット)スターターキット』(W13×H42×D18.5cm/1,100g・希望小売価格 税抜14,000円・発売中)なら、そうしたゴミは一切出ない。しかも作りたい分だけ作ればコスト面もどんどん安くなる。一度開けてしまったペットボトルの炭酸水は蓋を締めていても時間が経てば気が抜けてしまうが、これはその場で好みの強さの炭酸水を作ることができるので、そうした心配もない。

また、できたての炭酸水は、市販の炭酸水よりも美味しいのだという。それはとても気になる。ということで『ソーダストリーム Spirit(スピリット)スターターキット』をきっちり試してみることにした。カラーリングはホワイト、レッド、ブラックがあるが、一目惚れしてしまったレッドを使用する。

環境に溶け込むホワイト

精悍なブラック

使う前にすることは、専用ガスシリンダーをセットするだけ!

この『ソーダストリーム Spirit(スピリット)スターターキット』の仕組みは、専用のガスシリンダーを使用して、水に炭酸を注入する方式。スターターキットなので、あらかじめシリンダー1本は同梱。また炭酸水を作るための専用1リットルボトルと500mlボトルも1本ずつ付属している。

1 2 3 4次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。