体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あかてん」のサクサク×ピリ辛に、ご飯もビールもとまらない

「あかてん」のサクサク×ピリ辛に、ご飯もビールもとまらない

お寿司はサビ抜き、コーヒーは甘め、昔はそうだったという人も、大人になるにつれいつの間にかワサビは必須になり、コーヒーもブラックで飲むように。

「これが大人の味か〜」

島根県には、そんな “大人の味” のひとつに「あかてん」と呼ばれるご飯のお供があります。

冷めてもおいしい
島根のお弁当の定番「あかてん」

「あかてん」のサクサク×ピリ辛に、ご飯もビールもとまらない

あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。

衣の上からでもほんのり赤いのがわかりますが、包丁で切ってみると綺麗な赤い身が姿を現します。

表面はサクサクした食感。魚臭さは一切なく冷めてもおいしいので、お弁当のおかずに重宝されます。ちなみに、パンや麺類にも合うんです。もちろんビールにも!

さつま揚げとは違う
浜田名物

「あかてん」のサクサク×ピリ辛に、ご飯もビールもとまらない

島根では古くからご飯のお供として人気があり、おいしい食べ方もいろいろ伝わっています。からしマヨネーズとお醤油で味付けするもよし、炭火で炙って表面をカリッとさせるもよし、おろし生姜や一味唐辛子入りのマヨネーズをつけるのもオススメです。

「あかてん」が生まれたのは今からおよそ60年前。大手企業が発売した魚肉ソーセージに押され、蒲鉾や天ぷらの売り上げが落ちてきたことから、それ対抗すべく浜田市内の蒲鉾店で開発されたと言われています。

当初は「フライ」や「ぴり辛天」など様々な名称で呼ばれていましたが、テレビ番組で紹介された際に「赤い天ぷらだから、あかてんですね」と言われたことから、この名が広まり、正式な名称になったとのこと。

今や「あかてん」は、浜田市だけでなく島根県を代表する故郷の味なのだそうです。「あかてん」のサクサク×ピリ辛に、ご飯もビールもとまらない

購入は、山本蒲鉾店より。Photo by Takeshi Kimura

関連記事リンク(外部サイト)

イカの塩辛とはまったく違う「するめ糀漬け」が万能だった
「おかず味噌」人気に、お坊さんの尽力あり!?
海の幸×山の幸。青森の「味よし」はネバトロプチプチ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。