体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パパッと掃除術!扇風機のホコリ対策とは

パパッと掃除術!扇風機のホコリ対策とは

ホコリの溜まった扇風機の掃除方法をご紹介。シーズンオフにホコリを溜めないための収納方法も合わせてご紹介していきます。ご家庭にある道具で簡単にできる扇風機の掃除方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

目次

ホコリが溜まった扇風機の掃除方法

扇風機を気持ちよく使用するための3つの工夫

 

ホコリが溜まった扇風機の掃除方法

ここでは、扇風機の簡単な掃除方法をご紹介します。
扇風機の汚れは、羽根の回転によって吸い込んでしまったホコリがほとんど。
難しいアイテムも使用しない簡単な方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

扇風機の掃除方法

© PIXTA

ホコリが溜まった扇風機は、洗剤と雑巾、掃除機があれば簡単にキレイにすることができますよ。

【用意するもの】

中性洗剤・・・適量

水・・・適量

雑巾・・・2枚

綿棒・・・適量

ハンディモップまたは掃除機

【扇風機の掃除の仕方】

最初に扇風機の部品のうち、カバーなどの取り外せるものを全て取り外します。分解できない作りのものは、無理して分解しないように。

ハンディモップや掃除機を使って、カバーやモーター部分に溜まったホコリを取り除きます。扇風機の細かい隙間は綿棒などを使って掃除しましょう。

柔らかい布に水で薄めた中性洗剤を染み込ませ、汚れを拭き取っていきます。扇風機のコードや本体の汚れも忘れずに拭き取っておきましょう。

汚れが落ちたら水拭きで洗剤の成分を拭き取り、さらに乾拭きして水分を拭います。

最後に扇風機をしっかり乾燥させ、取り外した部品を元に戻したら掃除完了です。

中でも扇風機の羽根部分は傷つきやすいので、掃除の際はあまり強く擦らないようにしてくださいね。

 
【使用場所によっては油汚れが付着することも】

キッチンなど使用場所によっては、扇風機に油汚れが付着していることもあります。
こうした油汚れを落とすには、消毒用エタノールを染み込ませた布で汚れを拭き取るようにしましょう。

 

扇風機を気持ちよく使用するための3つの工夫

© PIXTA

ここでは扇風機の掃除の頻度や収納時の工夫など、扇風機を気持ちよく使うための3つのポイントをご紹介していきます。

 

ホコリが溜まる前にこまめな掃除を

扇風機は羽根の回転時にホコリを吸い込むため、特にホコリが溜まりやすい家電のひとつです。
この羽根やモーター部分に溜まったホコリは、異常振動や過熱の原因となり、故障を引き起こしてしまうことも。
夏場のシーズン中でも、月に2~3回は掃除するようにしましょう。

 

シーズンオフの収納はホコリ対策が肝心

シーズンオフの収納時は、特に念入りに扇風機を掃除しておきましょう。
また折角掃除しても、ただ押入れに収納するだけでは結局ホコリをかぶってしまいます。
収納時はビニール袋などで扇風機を覆って、ホコリがかぶらないようにしておきましょう。
収納場所がかさばるようなら、分解してビニール袋や収納箱などにいれておくのも手ですよ。

 
いかがでしたか? 扇風機は比較的単純な構造の家電ですが、それでもホコリは大敵。
シーズン中は気持ちよく使用できるように、こまめに扇風機の掃除をするようにしてくださいね。

パパッと掃除術!扇風機のホコリ対策とは
エアコンも大丈夫ですか?

関連記事リンク(外部サイト)

エアコンのカビ・汚れを自分で取る方法【臭いもすっきり】

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。