体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポータブルプレーヤーのワイヤーはもう不要! AtechのBluetoothレシーバーはわずか20ドル

出先でも音楽を楽しめるポータブルプレーヤーは音楽好きには重宝するもの。その際、デバイス本体とイヤフォンやヘッドフォンをつなぐワイヤーが煩わしいと感じることはないだろうか。

・音楽デバイスをワイヤレスに


現在売られている最新のポータブルプレーヤーはワイヤレス型のものも多いが、まだまだワイヤー付きのものが主流。そうでなくても、すでに持っているデバイスを、ワイヤーだけを理由に買い替えるのも難しい。そんなときお勧めなのが、サンフランシスコを本拠とするスタートアップAtechによるBluetoothレシーバーだ。

世界最小、超軽量を謳うこのレシーバー、使い方は至って簡単。手持ちのイヤフォンやヘッドフォンに接続するだけ。スマホやMP3プレーヤーといった音楽デバイスは、ワイヤー接続から完全に解放される。もちろん、デバイスがBluetoothに対応している必要はあるが。

・大幅値引き中

たかがワイヤーと侮ることなかれ。この効用は意外と大きい。レシーバーにはクリップが付いているので、シャツのポケットに引っ掛けておける。レシーバーからも音量調節やプレイバックができるので、デバイス本体はズボンやカバンにしまっておけばよい。これで長いワイヤーが巻きついたり傷ついたりといった心配はなくなるし、防犯の面でも安心だ。

1時間半の充電で、最大4時間までの再生が可能。日常使いには充分なスペックと言えるだろう。

定価50ドル(約5400円)が今なら20ドル(約2200円)で入手可能だ。

ATECH MICRO BLUETOOTH RECEIVER

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。