体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オービスの主流「LHシステム」は赤色灯が目印

オービスの主流「LHシステム」は赤色灯が目印

無人式のスピード取り締まり装置「オービス」の主流となりつつあるのが「LHシステム」です。老朽化したレーダー式オービスやHシステムからの置換や、新設される際に設置。Nシステムなどの路上の監視カメラと混同されやすいLHシステムですが、支柱に設定されている赤色灯付きの制御ボックスが目印になります。

LHシステムを監視カメラと混同

現在、設置台数を急速に増やしているオービスが、東京航空計器が提供する「LHシステム」です。アスファルト内にループコイル(静電容量センサー)を3.45mの等間隔に埋設し、インダクタンスの変化で車速を計測します。

ループコイルは、記録部の手前のアスファルト内にセット。溝を切って埋め込まれているため、事前情報なしに目視のみで把握するのはほぼ不可能です。また、レーダー探知機などにも反応しません。

速度違反車両は、ループコイルの先にある白線部にて撮影します。路上に張り出した支柱に設置された赤外線ストロボとCCDカメラで記録する仕組みです。設置される支柱にはF型やアーチ型などがあります。

LHシステムは外観上、赤外線ストロボとCCDカメラが並んでいるだけ。レーダー式のHシステムのように、レーダーを照射するアンテナが設置されていません。このため、NシステムやTシステムなどの路上の監視カメラとよく混同されます。

LHシステムを見分けるポイント

Nシステムは通過車両のナンバープレートを撮影する装置。手配車両のナンバーとの照合などに使用されます。オービスが警察の交通局系が管理するのに対して、Nシステムは刑事局系の管理です。Tシステムは通過車両を撮影して、交通流速の計測などを行います。こちらは国土交通省の管轄です。

紛らわしい路上カメラとLHシステムを見分けるポイントは2つあります。1つは、赤色灯付きの制御ボックスがあること、もう1つは赤外線ストロボとCCDカメラの撮影ユニットの数が車線数を超えないことです。

ただし、赤色灯が付いた制御ボックスが電光掲示板の裏などに隠れて設置されているケースもあります。反対車線から見ると赤色灯付きの制御ボックスが見えるので、LHシステムであることが確認できるはずです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。