体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ついにファイナル!「スヌーピーミュージアム」最後の展覧会が4/21から開幕♪

ついにファイナル!「スヌーピーミュージアム」最後の展覧会が4/21から開幕♪ スヌーピーミュージアム外観

スヌーピーミュージアムが誕生してからもうすぐ2年半。2018年9月24日(月・祝)には開館当初から予定されていた閉館を迎えます。とっても名残惜しいですが、最後の展示「ともだちは、みんな、ここにいる。」が4月21日(土)からスタート!記念すべき最終回のために、厳選されたスヌーピーの作者・シュルツ氏による原画約80点や世界中でここでしか買えないオリジナルグッズなどが用意されました♪

最後にふさわしい内容になっていますよ。みんなで一緒に有終の美を飾りましょう!

記事配信:じゃらんニュース

スヌーピーミュージアム最終回「ともだちは、みんな、ここにいる。」

2018年4月21日(土)から最後の展示となる「ともだちは、みんな、ここにいる。」が開催されます。

今回は本場、アメリカ・サンフランシスコにあるシュルツ美術館のコレクションから、厳正された約80点もの原画がやってきます!

展示1

展示2

「ピーナッツ」の真髄が味わえる原画約80点が登場

作者のチャールズ・シュルツ氏は「ピーナッツ」を通じて、さまざまな人間模様を約50年間描き続けてきました。クスッとおかしいときもあれば、ちょっぴり切ないときもあったり。いろんな関係性が原画を通じて見ることが出来ますよ♪ 「ピーナッツ」原画(複製)1964年12月6日 「ピーナッツ」原画(複製)1964年12月6日

最古のピーナッツ原画も見られます!

本場アメリカ・サンフランシスコにあるシュルツ美術館が所蔵する最古の「ピーナッツ」原画も見ることが出来ます♪1950年に10月2日に連載が始まって約2ヵ月後に描かれた貴重な作品ですよ。「ピーナッツ」原画1977年8月9日 「ピーナッツ」原画1977年8月9日

シアターで新作アニメーションを鑑賞♪

展覧会では2つの新作アニメーション・ムービーを見ることが出来ます!

オープニングシアターでは今回の展覧会テーマ「ともだちは、みんな、ここにいる。」が表現されています。さらに展覧会のラストには「さよならじゃないよ、スヌーピー。」のオリジナルアニメーションを見ることができます!原画鑑賞と合わせて楽しみましょう♪

シアター

600点ものオリジナルグッズが販売「BROWN‘S STORE」

ブラウンストアでは2年もの間「世界中でここにしかない」オリジナル商品が販売されてきました!今回は新たに150点が仲間入りし、合計600点ものアイテムが揃っています♪

コラボグッズを始めとした限定商品や原画をモチーフにしたグッズなど、買わずはいられない可愛い品が目白押しです!ぜひチェックしてみてくださいね。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。