体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

積載性に高い関心が向けられる今、「荷室要領」の優れた車がトレンドに

▲自動車・カーライフに関する調査研究機関「リクルート自動車総研」の膨大な統計データを基に、ユーザーの購買行動や世の傾向を勝手に予想したり解説したりするコラム。今回は、車の積載性について徒然と……

▲自動車・カーライフに関する調査研究機関「リクルート自動車総研」の膨大な統計データを基に、ユーザーの購買行動や世の傾向を勝手に予想したり解説したりするコラム。今回は、車の積載性について徒然と……

単なる広い空間ではなく使いこなせる工夫をプラス

記事のタイトルを読んで、おやっと思った読者も多いことだろう。でも心配ご無用。「荷室要領」は変換ミスではない。

荷室に積める量を示す「荷室容量」と読みが同じで紛らわしいが、この造語が意味しているのはあくまで要領、つまり荷室を上手に使いこなせるような工夫のことだ。

下のグラフをご覧いただきたい。

※2015年と2016年にリクルート自動車総研が行った『中古車購入実態調査』より ※2015年と2017年にリクルート自動車総研が行った『中古車購入実態調査』より

※2015年と2017年にリクルート自動車総研が行った『中古車購入実態調査』より

3年連続でアンケート対象者の半数以上が、荷物のたくさん載せられる車に興味・関心を持っていることがわかる。

グラフ②が示すとおり、この結果をけん引しているのは40代以下の世代だ。さらに同データを子供の有無別に集計してみると、小学生以下の子供と同居している子育て世代はもちろん、子供のいない単身者やプレファミリーでも半数近くが高い興味・関心を示していた。

以上を踏まえると、荷室の積載性は、燃費や安全性と並んで、車選びを左右する重要な性能(ポイント)と考えていいだろう。

たくさんの荷物を積むには、室内空間は広い方がよい。したがってボディサイズは大きければ大きいほど有利だ。

例えば後席に簡易シートを備えた5人乗りのトヨタ ハイエース スーパーロング(ワイドボディ、ハイルーフ仕様)の場合、2人乗車時の荷室寸法は内寸長3540mm×幅1730mm×高1635mm。床面積はおよそ2畳。押し入れ2つ分の広さに匹敵する。

普通免許証で運転できる車で荷室容量を追求するなら、これに勝る選択肢はそれほど多くない。

一方で、軽自動車やコンパクトカーのように、いたずらにボディサイズを大きくせず、荷室要領を追求したパッケージングによって積載性を高めたモデルもある。例えば現行型の新車販売も絶好調なホンダ N-BOXはその代表モデルだ。

N-BOXは軽規格の極限まで室内空間を広げたスーパーハイトワゴンだが、後席をスライドしたり、跳ね上げたり、折りたたむことで、様々なサイズや数の荷物に要領よく対応する機能を加えたのがポイント。

人気の理由は他にもあるが、初代から一貫して高い積載性を実現してきたN-BOXは、荷室要領の価値とそのポテンシャルを世に広く証明したモデルだとも言えるだろう。

コンパクトカーでも、多彩なシートアレンジによる優れた積載性が売りのスズキ ソリオや、そんなソリオを追撃する形で登場したトヨタ ルーミー/タンク、ダイハツ トールの3兄弟が売れている。

この荷室要領を重視する流れは、人気カテゴリーのSUVに波及することも十分考えられる。さらにその先、ステーションワゴンとは別の選択肢として、積載性を高めたスポーツカー(シューティングブレーク)が次々登場するなんてことになったら、車選びがもっと楽しくなることは間違いない。

予算100万円で狙える「荷室要領」に優れたモデル3選

1:ホンダ N-BOX+(初代)

▲マルチボードやスロープなど、荷室を快適にとことん使い倒せるオプションを用意した初代N-BOXの兄弟車。多彩な空間アレンジが可能な、いわば荷室要領スペシャルモデル! ▲マルチボードやスロープなど、荷室を快適にとことん使い倒せるオプションを用意した初代N-BOXの兄弟車。多彩な空間アレンジが可能な、いわば荷室要領スペシャルモデル!

▲マルチボードやスロープなど、荷室を快適にとことん使い倒せるオプションを用意した初代N-BOXの兄弟車。多彩な空間アレンジが可能な、いわば荷室要領スペシャルモデル! ホンダ N-BOX+(初代)の中古車はこちら ホンダ N-BOX+(初代)の詳しい情報はこちら

2:ホンダ モビリオスパイク(初代)

▲「遊びを楽しむガレージ空間」と銘打たれた大容量のウルトラカーゴが特徴。さらに大小様々なボックスやトレイを荷室壁面に備えるなど、荷室要領も徹底的に追求されている ▲「遊びを楽しむガレージ空間」と銘打たれた大容量のウルトラカーゴが特徴。さらに大小様々なボックスやトレイを荷室壁面に備えるなど、荷室要領も徹底的に追求されている

▲「遊びを楽しむガレージ空間」と銘打たれた大容量のウルトラカーゴが特徴。さらに大小様々なボックスやトレイを荷室壁面に備えるなど、荷室要領も徹底的に追求されている ホンダ モビリオスパイク(初代)の中古車はこちら ホンダ モビリオスパイク(初代)の詳しい情報はこちら

3:ルノー カングー(初代)

▲フランス生まれの背高ワゴン。本国では商用車として使われることが多いモデルゆえ、積載性はお墨付き。天井備え付けのオーバーヘッドコンソールで頭上空間を効率よく使える ▲フランス生まれの背高ワゴン。本国では商用車として使われることが多いモデルゆえ、積載性はお墨付き。天井備え付けのオーバーヘッドコンソールで頭上空間を効率よく使える

▲フランス生まれの背高ワゴン。本国では商用車として使われることが多いモデルゆえ、積載性はお墨付き。天井備え付けのオーバーヘッドコンソールで頭上空間を効率よく使える ルノー カングー(初代)の中古車はこちら ルノー カングー(初代)の詳しい情報はこちら

text/編集部

photo/ホンダ、ルノー

関連記事リンク(外部サイト)

ホンダ N-BOX+(初代)の中古車はこちら
ホンダ N-BOX+(初代)の詳しい情報はこちら
ホンダ モビリオスパイク(初代)の中古車はこちら

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。