体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キリカフェの季節到来!今年は新企画『kiri collection/キリコレ2018』が話題に

今年も「Royal Garden Cafe 青山」(港区北青山)にて、2018 年4 月11 日(水)~5 月10 日(木)までkiri® café (キリカフェ)が期間限定でオープンしています。 「kiri café」は「Royal Garden Cafe 青山」とのコラボレーションのもと「キリ クリームチーズ」を使ったフードやデザートを通じ“キリの世界観”を満喫できる企画。昨年は、期間中に1 万7 千人以上が来店する人気ぶりが話題となりました。

3年目となる今年は、そんな“キリの世界観”がパワーアップ!「Royal Garden Cafe 青山」を飛び出し、近隣の青山・外苑前、表参道・原宿エリアの様々な業種、全14 店舗ともコラボレーションした『kiri collection/キリコレ2018』(以下、キリコレ)を同時開催しています。 Mart(マート)2018-03-28 発売号
Fujisan.co.jpより

原宿・青山周辺エリアで4つの「キリ」体験!

期間中に「kiri café」をはじめ、各コラボレーション店舗にて「キリコレマップ」を配布。「体験する」「キレイになる」「買う・もらう」「味わう」など4種類の「キリ」にちなんだ新しい出会いが楽しめます。マップには「キリコレ」コラボレーション店舗の詳細情報のほか、近隣エリアのマップも掲載されており、青山・外苑前、表参道・原宿エリアを楽しむアイテムとしても活用できますね。 「キリ」を満喫できるエリア散策は、普段は寄らない店舗の開拓や新しい魅力の発見にもつながります。実際に「キリコレマップ」を片手に取材をしてみると、よく通りかかるものの、今まで入ったことがない店に立ち寄るなど、いつもと違う新鮮な気持ちを味わうことができました。 例えば『CANDY SHOW TIME』。店内には甘い香りが広がり、カラフルなキャンディーが並ぶ外国人観光客にも人気の店ですが、個人的には「キリコレ」がなければ足を向けなかったお店です。

『CANDY SHOW TIME』ではキャンディー作りの実演を見る事ができ、子供はもちろん大人まで楽しめます。ちなみに、こちらでは「キリコレマップ」を提示すると「キリ」にちなんだキャンディーをプレゼントしてもらえます。(キャットストリート店にて数量限定)※「キリコレ」オリジナルコラボキャンディーは「表参道本店」「キャットストリート店」「ポシェット店」限定で販売。

『生活の木 原宿表参道店』では、「キリ クリームチーズ」と一緒に食べると相性抜群の「ハーブコーディアル」を紹介。「ハーブコーディアル」もしくは「トリコロール・アロマソープセット」を購入すると「キリ クリームチーズ(6 個入り1 パック)」を先着順でもらうことができます。
1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。