体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

散々迷った赤ちゃんの名前。お腹に聞いたら胎動で返事をくれた!

f:id:akasuguope01:20180224110316j:plain

長男の妊娠がわかった時から、名付けに迷い続けていました。

私が決めた名前を子どもが一生背負っていく…と思うと責任が重いと感じていたのです。また、字画などによって健康や幸福になれるかという姓名判断も気になります。ですので、楽しみというよりは不安に思う日々が続いたことを今でもはっきりと覚えています。 関連記事:漢和辞典も引っ張り出して…夫婦で疲れきるほどに考え抜いた名づけ

私はまず、同性で考えやすいと思い、女の子だった場合から考えました。

古風な名前への憧れが昔からあったので、最近のブームであるきらきらネームではなく日本人らしい和風な名前を考えました。漢字は、できる限りわかりやすく簡単なものを選び、将来、就職活動や結婚の際に支障が出ないように考慮。

女の子の場合は、結婚することで一般的に姓が変わることから、どんな姓にも合う名前を候補に挙げました。

次に男の子の名前を考えました。異性の名前を考えるのは、とても難しく苦労しました。

私は兄弟がいないため、同級生の名前や職場の同僚の名前などをイメージしてみるところから開始。そして、男の子らしい名前とは何かと、参考までに書店で赤ちゃんの名付けに関する書籍を購入しようと思いました。

実際に書店に行くと、赤ちゃんの名付けに関する書籍がたくさんありました。さらに、同じ名前でも書籍によって記載されている事柄が異なっているのです。これではどの書籍の内容を信じればいいか、私は悩んでしまいました。

結局は書籍には頼らず、同性である主人の意見を参考にすることに。爽やかさと力強さを持った子どもに育って欲しいという思いから、漢字一文字の名前に決めました。

しかし、義理の祖母から「名前の漢字は二文字にした方がいい」と言われ、とても不安になりましたし、今まで候補に挙がっている名前を変えるべきか真剣に悩みました。

そんな悩んでいる私の背中を押してくれたのは、お腹の中の息子でした。

「あのね、この名前はどうかな?」

そうお腹に話し掛けた時に、胎動で返事をしてくれたのです。その胎動を感じて、気に入ってくれたのだと確信しました。

義理の祖母には何度も自分の思いを伝え、何とか理解してもらいました。

こうして、長男の名前は、夫が考えた漢字一文字のものに。夫も私も自信を持って付けることができました。 関連記事:悩みに悩んだ我が家の名付け。5歳の長女の一言でついに決定!

f:id:akasuguope01:20180224110444j:plain

著者:tatto1

年齢:28歳

子どもの年齢:11歳、9歳、1歳7ヶ月、3ヶ月

現在専業主婦をしながら、4人の子供を育てています。慌ただしい毎日ですが最近では、長男が長女のオムツ交換を手伝ってくれたり、他の弟達の面倒をみてくれているので助かっています。趣味はイラストを描くことと創作料理です。最近では、キャラ弁にハマっており、4月から長男が中学生になるので毎日のお弁当作りが楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

お腹の中で「ぷるぷるっ」と動いた!? 想像とはまるで違った「胎動」
赤ちゃんの胎動はいつから?感じる時期には個人差がある!
胎動はいつから?胎動と胃腸の動きの違いがよくわからなかった

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。