体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『MOTOR SPORT JAPAN 2018』に歴代STIコンプリートカーが集結! その魅力をオーナーに聞いてみた

▲18車種の歴代STIコンプリートカーが並ぶ景観は圧巻。ほかにも1964年の第21回日本グランプリでクラス優勝したスバル360や、10万km世界最高速度(10万kmを最も速く走り続けた)樹立車の初代レガシィ、レガシィ/インプレッサWRC参戦車両が展示された

▲18車種の歴代STIコンプリートカーが並ぶ景観は圧巻。他にも1964年の第21回日本グランプリでクラス優勝したスバル360や、10万km世界最高速度(10万kmを最も速く走り続けた)樹立車の初代レガシィ、レガシィ/インプレッサWRC参戦車両が展示された

STI創設30周年! 愛車で東京・お台場に集まったオーナーにインタビュー!

今年で13回目となる「MOTOR SPORT JAPAN 2018 Festival in Odaiba」が、4月14日(土)にお台場で行われた。「Legend of the SUBARU」をテーマに掲げて出展したスバルは、今年がSTI(スバルテクニカルインターナショナル株式会社)の創設30周年ということで、オーナーの愛車の中から歴代のSTIコンプリートカーを募集し、18車種を展示した。

いずれも台数限定の特別仕様車ということもあり、スバリストだけでなく、車好き垂ぜんの歴代モデルたち。だから中古車になっても人気がなかなか衰えない。新車で買いそびれたとか、中古車で探しているという人はもちろん、そんなスペシャルマシンがあるんだったら欲しい! なんて人もいるんじゃないかな。

幸いにして18車種の中から7車種の魅力について、それぞれのオーナーから話を聞くことができた。絶対数が少ないから、こうした生の声はとても貴重だ。

見つけたら即買いしたいSTIコンプリートカー、ぜひ参考にしてほしい。

【レガシィ B4 S401 STIバージョン】2002年発売、400台限定。エキサイティングな走りと、大人のプレミアムな味わいの両立を目指したモデル。エンジンは専用ECUなどにより最高出力が260psから293psへとアップ。その際にピストン等のバランス調整はこだわりの手作業で行われた。またステアリングはクイックに変更されるとともにステアリング系全体の剛性アップが図られた。そのほかにも多岐に渡り走りの性能が高められている

【レガシィ B4 S401 STIバージョン】2002年発売、400台限定。エキサイティングな走りと、大人のプレミアムな味わいの両立を目指したモデル。エンジンは専用ECUなどにより最高出力が260psから293psへとアップ。その際にピストンなどのバランス調整はこだわりの手作業で行われた。またステアリングはクイックに変更されるとともにステアリング系全体の剛性アップが図られた。その他にも多岐にわたり走りの性能が高められている

オーナー(S401さん/50代):当時はまだ30代でしたが「人生最後の車にしよう」と思えるくらい魅了されて、新車で購入しました。最後の5ナンバーサイズで、パワーがあるしオン・ザ・レール感が高いのがいいですね。

水平対向独特の「ドドドドッ」というエンジン音も魅力です。約16年間で、走行距離はだいたい13万km。ラジエターが一度故障しましたが、他のトラブルはありません。

【インプレッサSTI S203】2004年発売、555台限定。欧州の上級スポーツカーと競えるモデルとして、大人の感性を満たす質感を追求して開発された。大口径化されたターボのタービンやスタビライザー、専用チューンされたダンパー、レカロ製バケットシート、STI製前後スポイラーなどを備える。開発テストには当時スバルが参加していたワールドラリーでエースドライバーを務めていたベター・ソルベルグも加わっている

【インプレッサ STI S203】2004年発売、555台限定。欧州の上級スポーツカーと競えるモデルとして、大人の感性を満たす質感を追求して開発された。大口径化されたターボのタービンやスタビライザー、専用チューンされたダンパー、レカロ製バケットシート、STI製前後スポイラーなどを備える。開発テストには当時スバルが参加していたワールドラリーでエースドライバーを務めていたぺター・ソルベルグも加わっている

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。