体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルーノ・マーズ、“ブルーノ”のニックネームの由来になったプロレスラーを悼む

ブルーノ・マーズ、“ブルーノ”のニックネームの由来になったプロレスラーを悼む

 米プロレス団体、ワールド・レスリング・エンターテインメント(WWE)の殿堂入りをしている元プロレスラーのブルーノ・サンマルチノの死を受け、ブルーノ・マーズ(本名ピーター・ジーン・ヘルナンデス)が、現地時間2018年4月19日に自身のTwitterへ追悼文を公開した。ブルーノは、赤ちゃんの時にサンマルチノに似ていたことから自身の父親により“ブルーノ”というニックネームが付けられた。

ブルーノ・マーズによる投稿

 82歳で亡くなったサンマルチノについてマーズは「会った時、彼はものすごく紳士で、僕と父にとってとても大切な存在だった」と振り返っている。マーズと故サンマルチノは、昨年8月にマーズが【24K・マジック・ワールド・ツアー】の一環として米ピッツバーグで公演を行った際に対面しており、その時に彼のベルトを持ち、満面の笑みを浮かべるツーショットを自身のインスタグラムに公開していた。

 サンマルチノの死は、現地時間4月18日にWWEによって発表された。他にも、アーノルド・シュワルツェネッガーをはじめ、多数の著名人やスポーツ選手がSNS上で故サンマルチノを偲んでいる。

◎ブルーノ・マーズによる投稿
https://twitter.com/BrunoMars/status/986915424653606913
https://www.instagram.com/p/BYIEmcoBsKL

関連記事リンク(外部サイト)

ブルーノ・マーズ、自分の曲がこんな曲ばかりだったら、ライブしたくなるに決まっている
EXILE ATSUSHI、ブルーノ・マーズと再会 
ブルーノ・マーズ、コアラと撮影したおもしろ動画を披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。