体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Airpods酷似のイヤホン「TicPods Free」はタッチ操作できて79ドルから

ワイヤレスイヤホンを探している人必見! このほどクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した「TicPods Free」が人気を集めている。

Airpods酷似のデザインで、タッチコントロールや音声アシスタントに対応するなど機能面でも引けをとらない。にもかかわらず、79ドル(約8500円)〜とリーズナブルプライスとなっている。

・カラーは3色

サンフランシスコ拠点のスタートアップMobvoiが手がけたこの完全ワイヤレスイヤホン、Airpodsよりほんの少し太めだが、デザインはそっくりだ。

カラーはAirpodsが白に限定しているのに対し、TicPods Freeは白、赤、青の3色が用意された。

・ダブルタップで通話

肝心の機能面では、タッチコントロールに対応しているのがセールスポイントだ。TicPods Freeを指先でなぞるようにして音量が調整でき、ダブルタップでかかってきた電話に出ることができる。

また、GoogleアシスタントやAlexa、Siriといった音声アシスタントに対応しているのも売りで、TicPods Freeを長押しすると起動できるようになっている。

・15分の充電で85分再生

フル充電での駆動時間は4時間で、充電ケースを使えばさらに14時間利用できる。ちなみに、高速充電機能も搭載していて、15分の充電で85分音楽再生ができる。

予定小売価格は129ドル(約1万4000円)と、Airpodsの159ドル(約1万7000円)より安い。しかも今ならIndiegogoで79ドル〜とお得に入手できるチャンスだ。

すでに資金調達目標額の10倍超を集めていて、商品化はほぼ確実な情勢。出資はあと1カ月ほど受け付け、今年7月にも発送が始まる見込みだ。

TicPods Free/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。