体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカ空軍サンダーバーズが飛行訓練を再開

アメリカ空軍サンダーバーズが飛行訓練を再開

 2018年4月18日(現地時間)、墜落事故の後、飛行を停止していたアメリカ空軍のフライトデモンストレーションチーム「サンダーバーズ」が、ネリス空軍基地での飛行訓練を再開しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 エアショウシーズンに向けて訓練飛行を行っていた4月4日、ネバダ訓練/試験場で発生した墜落事故で、4番機パイロットのステファン・デルバグノ大尉(コールサイン「ケイジャン」)を失ったサンダーバーズ。事故後飛行を自粛していましたが、4月14日に執り行われたデルバグノ大尉の空軍葬を終え、エアショウで彼らを待つ人々の為、また歩き続けることを選択しました。

アメリカ空軍サンダーバーズが飛行訓練を再開2018年4月4日の事故で亡くなったデルバグノ大尉。3月22日の飛行訓練での姿(Photo:USAF)
アメリカ空軍サンダーバーズが飛行訓練を再開デルバグノ大尉の空軍葬で遺族に言葉をかけるサンダーバーズ隊長のウォルシュ中佐(Photo:USAF)

 サンダーバーズの隊長、ケビン・ウォルシュ中佐は、現地時間の4月19日「ケイジャン(デルバグノ大尉)を失ったことは辛く、悲しいことで、現在も事故原因の究明が行われています。しかし残されたパイロットの技量維持も行う必要もあります。これまで多くの方から亡くなったケイジャンの家族や、我々チームに想いを寄せてくださり、かつまたお見舞いの言葉を多数頂戴しました。とても感謝しています。空軍の広報大使としての任務を果たすため、昨日飛行訓練を再開し、復帰への第一歩を記しました。これまでのご支援に感謝します。我々はさらに強くなりました」というステートメントを発表しています。


 サンダーバーズがいつからエアショウに復帰するかは、まだ明らかになっていません。しばらくは技量維持のフライトを続け、しかるべき時が来たという判断がなされた時、新たなショウスケジュールが発表されるものと思われます。

Image:USAF

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

【レッドブル・エアレース】史上初めてのフランス開催・カンヌ大会開幕
カナダ空軍CF-18デモ機、2018年は「NORAD60周年」記念デザイン
イギリス軍のF-35B、自国機材を用いた初の空中給油を実施

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。