体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース】史上初めてのフランス開催・カンヌ大会開幕

【レッドブル・エアレース】史上初めてのフランス開催・カンヌ大会開幕

 2月の開幕戦アブダビ大会から約2か月。レッドブル・エアレース第2戦の舞台は、初のフランス開催となる南フランスの風光明媚な街、カンヌです。国際的な映画祭で知られる、コート・ダジュールのこの街で、映画祭に先駆けてレッドブル・エアレースが開催されます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ヨーロッパで初めて飛行機が飛んだ(1906年、ブラジル人アルベルト・サントス・デュモンが14-bisという飛行機で初飛行)国であり、ヨーロッパにおける航空先進国としての歴史を持つフランス。1905年にFAI(国際航空連盟)が発足した際には、本部事務局がパリに置かれた(現在はスイスのローザンヌに移転)という過去もありますが、FAI公認の世界選手権であるレッドブル・エアレースが開催されるのは、意外にもこれが初めてのこと。エアロバティック(曲技飛行)競技の強豪国であり、レッドブル・エアレースに参戦するパイロットのうち、最も多いのはフランス人(マスタークラスに3人・チャレンジャークラスに2人)なので、フランスのパイロットにとっては長く待ち焦がれた母国開催となりました。
【レッドブル・エアレース】史上初めてのフランス開催・カンヌ大会開幕エアレース機とパトルイユ・ド・フランスの共演(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

 開催に先立つ2018年3月22日には、フランスを代表してフランス空軍のフライトディスプレイチーム「パトルイユ・ド・フランス」と、マスタークラスのフランス人パイロット3人(フランソワ・ルボット選手、ニコラ・イワノフ選手、ミカ・ブラジョー選手)による「歓迎フライト」が行われました。イワノフ選手は、開幕戦のアブダビで損傷した機体の修復が間に合わず、普段エアショウで使用しているエクストラ300Lで参加しています。
【レッドブル・エアレース】史上初めてのフランス開催・カンヌ大会開幕互いにエシュロン編隊で並ぶエアレース機とパトルイユ・ド・フランス(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

 レッドブル・エアレースのパイロット側でエレメントリーダー(編隊長)を務めたのは、フランス空軍で飛行教官を長く務め、パトルイユ・ド・フランスの使用機、アルファジェットの性能と飛行特性を熟知しているフランソワ・ルボット選手。パトルイユ・ド・フランスもA380など数々の異機種間編隊の経験がある為、非常にスムーズな飛行を見せました。
【レッドブル・エアレース】史上初めてのフランス開催・カンヌ大会開幕ブラジョー機、イワノフ機を率いるルボット選手(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

 そして4月18日、パイロットが勢ぞろいするフォトセッションが行われました。まるで往年のハードボイルド刑事ドラマを思わせるような雰囲気の写真。ある一定以上の年代にとっては、土曜日のTBS系夜9時を思い出させるような仕上がりです。真ん中を歩く主役は、もちろん2017年のワールドチャンピオン、室屋義秀選手。
【レッドブル・エアレース】史上初めてのフランス開催・カンヌ大会開幕勢ぞろいして歩を進めるパイロット達(Joerg Mitter/Red Bull Content Pool)

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。