体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フレデリック「根拠のない自信も必要」 進路に悩むリスナーにメンバーが真剣回答

フレデリック「根拠のない自信も必要」 進路に悩むリスナーにメンバーが真剣回答
J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(火曜担当ナビゲーター:フレデリック)。4月17日(火)のオンエアでは、スペシャルウィークということでフレデリックがリスナーからのメールにいつもより多く回答しました。

■進路で悩むリスナーから質問

大学に進学せずに声優を目指すことを決めたものの、親に言えていないことや、色々な不安で悩むリスナーから、「皆さんはこの業界に入ろうという勇気を持ったきっかけはありますか?」というメールが。フレデリックの楽曲の作詞作曲を手掛ける康司は以下のように回答しました。

康司:けっこう俺らは曲とかになるんじゃない? 俺は自分で作って、それがすごい反応があって、自分の自信になっていったから今もずっとそれを続けてる。だから実際にこれから声優さんを目指していくってなったら、ひとつひとつ作品とか作っていくことで、それがいろんな人からの評価になって自信になったりしていくから……なんかそこなんかなって思うな。

作品を作り、それが評価を受けて自信につながることを伝える康司。そして、親に進路のことを伝えられていないことについては、高橋が持論を伝えました。

高橋:親とそういうのはあるよね。みんな少なからずあると思う。何かで表現して伝えたい人っていうのは、そういうのも大事だと思うから。しかもそれが俺らだったら音楽やっていく上で、そういうので(親と)ぶつかったりするくらいできなきゃ、じゃないけど。そういうところも俺はぶっちゃけあると思うんだよ。避けて通れないし、そういうことを避けて通ってたら絶対いいこと何も無いから。ぶつかるだけ、ぶつかってっていうのは、俺は思うかな!
健司:あと根拠の無い自信っていうのもちょっと必要。あんまり深く考えてなかったもん俺。「何かできるやろ」みたいなところから始めるのもいいと思うしな。周りに合わせて早くから就職するのもすごくいいことやと思うけど、夢を目指すならそういうのも必要なんじゃないですかね?

フレデリックメンバーからの真摯な回答、参考にしてみてはいかがでしょうか?

■印象深いバンド名は?

続いて、学生時代にバンドを組んでいたというリスナーからはこんなメールが届きました。

「学生の頃、『OH 肉』というバンドを組んでいました。そのバンドでは筋肉爆弾、白い脂身など、メンバーには肉に関する名前が付けられていて、私は確か肉の大魔王という名前でした。フレデリックも覚えやすくていい名前だと思いますが、これまで印象深いバンド名はありましたか?」

康司:「巨人ゆえにデカイ」。関西のほうでいて、メンバーふたりなんだけど、ギターの人が大きい作りものというか、足とかもめっちゃ伸ばしたりして、3メートルくらいの高さでライブするの。記憶が正しければ。これはめっちゃ名前覚えてる。
健司:今でこそ「夜の本気ダンス」も「キュウソネコカミ」も普通に話せるようになってるけど、当時は珍しかったよね。

さらにこの日の放送では、「KINGS MEETING」のコーナーでCHAIのマナ・カナと健司・康司による「双子ミーティング」が行われ、双子あるあるや、それぞれの兄弟やペットの話で盛り上がりました。さらにフレデリックがメジャーデビューしてから発表した曲すべてを番組中にオンエアするという試みも行われました!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。