体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone200台を1時間で分解できるロボット「Daisy」が登場!

4月22日のアースデイを前に、AppleはiPhoneを解体するロボット「Daisy」を発表した。

2016年に登場した解体ロボ「Liam」の“妹分”となる。iPhoneを分解して再利用できる部品を取り出す作業を行い、1時間に200台を処理できるという。

・部品を種類ごとに分別

スマートフォンにはコバルトやリチウム、金、プラチナなど金属類やレアアースが使われている。

これらを再利用するために、製作されたマシーンがLiamであり、そのLiamをさらに高度にしたのが今回のDaisy。DaisyはiPhone9種類に対応し、部品ごとに分別する能力を持つ。

・不要iPhoneの引き取りも

Appleはまた、Daisyの発表と同時に、使用しなくなったiPhoneをApple storeに持ち込むなどするとストアクレジットまたはAppleギフトカードがもらえるキャンペーン「GiveBack」を展開することも明らかにした。

4月30日まで展開されるこのキャンペーンでは、Appleが使用済みiPhoneをリサイクルするか下取りに出し、それに伴いAppleが環境保全活動をしているNGO組織「Conservation Internatinal」に寄付をする。

Appleは先日、Appleストアなどで使われる電力を100%再生可能エネルギーに転換できたと発表したばかり。今回のDaisyもそうした環境意識の高いAppleならではの取り組みといえそうだ。

Apple Newsroom

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。