体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頭皮に黄色いかさぶたが……皮膚科でわかった乳児脂漏性湿疹

f:id:akasuguope01:20180214212230j:plain

次男がまだ首もすわる前の生後1~2ヶ月のとき、頭皮に乳児湿疹ができてしまいました。まだ髪の毛もあまり生えていない時期でしたので、すぐに気づきました。

長男も乳児湿疹はときどきできていたのですが、頭皮にできたことはありません。どちらかというと、顔や体に赤い湿疹がでて、これは数日しっかりと保湿していれば治りました。

今回の次男の湿疹は頭皮に黄色いかさぶたができるもので、はじめ見たときは乳児湿疹とはわからず、とてもびっくりしました。

頭皮なので保湿もしにくく、いつもよりしっかり洗ったりと数日様子を見ましたが、治る気配がありません。むしろ範囲が広がっていったので、心配で皮膚科を受診することにしました。

そこで言われたのが「乳児脂漏性湿疹」でした。 関連記事:虫が固まった!?赤ちゃんの頭の中に、日々大きくなる黄色いボコボコ発見!

なにか大きな病気だったらどうしようと不安だったので、これも乳児湿疹であると知って、少しほっとしたのを覚えています。

乳児湿疹にはいくつか種類があり、特に多いのは「乳児脂漏性湿疹」といわれる顔や首、体にできる赤い湿疹や、頭皮や眉毛の生え際に黄色いかさぶたのようなものができるもの。

そして額や頬などに赤いぶつぶつができる「新生児にきび」と教えてもらいました。皮膚科の先生いわく、「乳児湿疹は、乳児、つまり乳を飲んでいる間は、何度も出る可能性がある」とのこと。

幸い、次男のかさぶたのような乳児湿疹は、皮膚科でいただいた塗り薬を塗って、お風呂では丁寧に洗うことを心がけていると、次第に消えていき、再発することはありませんでした。

先生から赤い湿疹は、保湿で自然と治っていくことが多いですが、黄色いかさぶたになってしまった湿疹は、薬を塗らないと治りにくいと言われたので、病院に行ってよかったです。

もし、次の子が生まれ乳児湿疹ができたときは、なるべくすぐに皮膚科を受診しようと思っています。

次男を産むまでは、赤ちゃんなんてそれぞれ大差などないように思っていましたが、同じ親から生まれ同じように育てていても、いろいろな場面で違うことがあるのだとわかりました。 関連記事:アトピー性皮膚炎の遺伝が心配だから…。子どもの肌トラブルは即、病院へ相談!

今回は乳児湿疹ですぐに治りましたが、長男がならなったから、次男も大丈夫と高をくくることのないよう、これからも気を付けて育児をしていきたいなと思います。

f:id:akasuguope01:20180214212306j:plain

著者:fumiyo3o

年齢:23歳

子どもの年齢:3歳、0歳11ヶ月

20歳で第一子、22歳で第二子を出産しました。パソコンと読書と麻雀が趣味の専業主婦です。社交的な長男と甘えん坊な次男を育てています。二歳差兄弟の育児は大変ですが、毎日幸せに過ごしてます! 子どもが生まれてからは育児本を読むのがとっても楽しいです♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

乳児湿疹が酷くなり…色々試した結果、頼りになったのは専門医の存在。 by ぽんぽん
乳児湿疹で真っ赤にただれた赤ちゃんの肌。もっと早く診察を受ければよかった
生後3週目で出てきたブツブツ!ひどいニキビのような乳児湿疹

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。