体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄旅行で行きたい「絶景スポット」24選!おすすめの穴場から観光名所まで

池間大橋

どこまでも青く美しく澄んだ海につながる空、緑深く広がるやんばるの森。今回は沖縄旅行で訪れて欲しい、おすすめの絶景スポットをご紹介致します。

車窓から見える海と空のみの景色が、まるで天空ロードのような古宇利大橋や、東シナ海&太平洋のダブルビューが見渡せる玉取崎展望台、遊泳区域内でも熱帯魚が見られる透明度の阿波連ビーチなど、どこも沖縄ならではの絶景スポットばかり。ぜひ沖縄旅行の参考にして下さいね!

記事配信:じゃらんニュース

1.万座毛【恩納村】

いつまでも眺めていたい大迫力のオーシャンビュー。

万座毛見る時間帯によって表情ががらりと変わる

沖縄きっての名勝は、高さ20m以上の絶壁に象の鼻形の岩があるのが特徴。芝に座って景色を眺めたり、一帯を散策しながら絶景を味わい尽くして。 万座毛(まんざもう)

TEL/098-966-1280(恩納村商工観光課)

住所/沖縄県国頭郡恩納村恩納

営業時間/散策自由

駐車場/40台

「万座毛」の詳細はこちら

2.残波岬【読谷村】

沖縄本島で最後に沈む夕陽を見届けて。

残波岬灯台まで遊歩道が続く。岩場が多いので注意

高さ30mの断崖が2kmも続く、景勝地。本島の中で最西端に位置するので夕陽が沈むのも最後。水平線に沈む夕陽を眺めつつ、ドライブを締めくくろう。 残波岬(ざんぱみさき)

TEL/098-958-0038(残波岬いこいの広場※問合せ10時~18時)

住所/沖縄県中頭郡読谷村字宇座

営業時間/散策自由

駐車場/500台

「残波岬」の詳細はこちら

3.海中道路【うるま市】

海の上を滑るような壮快ドライブ!

海中道路ロードパークに車を停めて、海辺に下りることも可能万座毛目の前に広がる澄んだブルーの世界は、ため息モノの美しさ

沖縄本島と離島4島をつなぐ約4.7kmのドライブウェイ。海の上にまっすぐのびる道を進むと、まるで海の上を走っているかのような感覚に。道の途中には、道の駅など観光スポットもあり。 海中道路(かいちゅうどうろ)

TEL/098-923-7634(うるま市商工観光課)

住所/沖縄県うるま市与那屋慶名~平安座島

営業時間/通行自由

駐車場/300台

「海中道路」の詳細はこちら

4.ニライカナイ橋【南城市】

ため息モノのパノラマにうっとりしながらドライブ!

ニライカナイ橋ニライ橋、カナイ橋の連続する2つの橋が、宙に浮くように架けられている

まるでジェットコースターのような、80mの高低差とヘアピンカーブが特徴。車を走らせると、空と海が接する楽園のような光景が目の前に広がる!景色をゆっくり味わいたい人は、展望台にも立ち寄って。 ニライカナイ橋

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。