体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三浦で今まさに生きる人びと 有高唯之写真集 「南端」

_ARI0034

2016 年に三崎の市場で開催された写真展「三浦の人びと展」。会期中に1500 人を動員した写真展から1年。写真家、有高唯之が新たに撮り下ろしたポートレート作品と、三浦の風景を合わせた初の写真集を刊行。出版社は三浦市唯一の出版社「アタシ社」。三浦半島最南端のローカル地域から、三浦の魅力を写真で表現する。

_ARI0067 _ARI0070

タイトル:南端
3,500円 (税抜)
100 P
ハードカバー
発売:5月4日 みどりの日
販売場所:アタシ社「本と屯」、三浦市内の本屋、全国書店、アタシ社ECサイトなど
https://camp-fire.jp/projects/view/73798

発行にともない、三崎の商店街内で1ヶ月展示。
場所:神奈川県三浦市三崎2丁目6−8 旧 miura film commission
会期4月29日(日) 〜5月20日(日)
【レセプションパーティ】
5月3日 (木祝)17:00 〜
三浦の美味しい料理とお酒を提供。
入場料:¥1000

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。