体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

羽田空港で海外WiFiをレンタルするには?事前に知っておきたい基本情報まとめ

SNSや動画配信など、インターネットを通して個人が発信できる時代になった現代。

とくに旅先では撮れたての絶景をInstagramにシェアしたり、治安情報を検索したり、海外でもレンタルWiFiは必要不可欠な存在になっています。

そんなレンタルWiFiですが、実は羽田空港内に店舗がいくつかあり、事前に申し込みをすれば搭乗前にサクッと受け取ることができます。

今回は、羽田空港で海外WiFiをレンタルする際に知っておきたい基本情報をご紹介します。

 

羽田空港でレンタルできるWi-Fiルーター会社

photo by pixta

 

グローバルWiFi

株式会社ビジョンが提供するグローバルWiFiは、業界最多の世界200以上の国・地域で利用可能なWiFiをレンタルしています。24時間日本語カスタマーサポートもついているので安心。

また、ANAカードを利用すれば100円(税抜)ごとに1マイル追加とお得な特典もついています。

 

イモトのWiFi

エクスコムグローバル株式会社が提供するイモトのWiFiは、安心の定額制で最大5人までシェアすることができます。データ通信量も大容量、LTEにも対応しています。

24時間無料の日本語対応テクニカルチームのサポートもついているので、万が一の時でも相談できます。

 

Wi-Ho!(ワイホー)

株式会社テレコムスクエアが提供するWi-Ho!は、レンタル料金が格安なことで人気を博しています。羽田空港での受け渡しは24時間可能なので早朝や深夜の便でも安心。

また、個人情報の取り扱いが適切であるかの証明となるプライバシーマーク、通称Pマークを取得しています。

 

JAL ABC

株式会社JALエービーシーが提供するJAL ABCは、レンタル1台にあたりJALマイルが200マイル貯まります。

また、容量無制限の定額制プランを設けているので、使いすぎなど気にする心配もありません。

 

カウンター情報まとめ

受取場所

表を見ると一目瞭然ですが、グローバルWiFiのみ受け取り場所が3ヶ所あります。無人受け取りロッカーにより深夜でも受け取りが可能です。

なお、出国ゲートならびに出国審査場を過ぎてからの受け取りはできないので、必ずゲート通過前に受け取るようにしましょう。

 

返却場所

返却は指定の国内空港カウンター、または後日郵便にて返却することが可能です。

「どうしても空港で返したい!」という方も安心してください。受付時間外でもカウンターに返却BOXが設置されているので、BOXに入れるだけと簡単です。

 

当日申込みも、宅配便受け取りも可能!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。