体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界で一番美しい民族「ヒンバ族」に突撃!そこで感じたジレンマとは

世界で一番美しい民族「ヒンバ族」に突撃!そこで感じたジレンマとは

こんにちは。新婚旅行で世界一周していた、ほっさくら(@hossakuraworld)のほっさです。

1年2ヶ月旅をして、本当に多くの人に出会いました。5年かけて自転車で世界一周をしているチャリダー、物々交換で生きてるヒッピー、旅をしながら働くノマドワーカー……。

などなど、旅で出会う人はキャラの濃い人たちばかり。旅したからこそ出会えた人たちから、多くの刺激をもらいました。

今回はその中でも、僕がもっとも衝撃を受けた人たちをご紹介したいと思います。それは、ナミビアに住むヒンバ族。

ヒンバ族とはどんな人たちなのか?ヒンバ族から何を学んで、どう感じたのか?などについてお話していきます。

 

そもそもナミビアってどこ?

そもそもナミビアと言われてもピンと来ませんよね。ナミビアは、アフリカ大陸に位置しており、南アフリカと隣接しています。

1990年までドイツに植民地支配されていて、植民地時代はナミビアではなく「南西アフリカ」という国名でした。有名な観光地として、ナミブ砂漠があります。

photo by hossakuraworld

photo by hossakuraworld

アプリコット色の砂漠はとても綺麗で、特に朝日に照らされたナミブ砂漠は息をのむほど美しかったです。

photo by hossakuraworld

あとは、エトーシャ国立公園というサファリも有名ですね。

photo by hossakuraworld

photo by hossakuraworld

動物園とはまったく違う、ワイルドな世界を楽しむことができます。運が良いと、ライオンがシマウマを狩っているシーンも見られるそうです。

 

ヒンバ族とは?

そんなナミビアに暮らすヒンバ族とは、一体どんな民族なのでしょうか?まずは簡単に概要をご説明しますね。

ヒンバ族は、「世界でもっとも美しい民族」と言われています。最大の特徴は、死ぬまで一度もお風呂に入らないということ。水を浴びることすらしません。

そのかわり(?)、お香を身体に焚きつけます。この写真がまさにそのシーン。

photo by hossakuraworld

彼女は脇にお香を焚きつけています。1日2回お香を焚くそうです。実際に彼女たちは無臭で、全く臭くありませんでした。生活の知恵ですね。

photo by hossakuraworld

洋服を着ないヒンバ族は、服の代わりに(?)オーカと呼ばれる赤土を身体中に塗り込みます。皮膚の清潔さを保ったり、紫外線や乾燥から皮膚を守るためです。

オーカは赤い泥と牛の脂肪を混ぜて作るそうで、ヒンバ族が自ら作り、塗り込んでいました。お肌は驚くほどスベスベです。

お風呂なんかに入るより、お香を焚いてオーカを塗ったほうがいいんじゃないかと思ってしまうほどでした。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。