体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西野カナ『あなたの好きなところ』手がけた音楽プロデューサー・Carlos K.、ヒット曲を生み出すために…

西野カナ『あなたの好きなところ』手がけた音楽プロデューサー・Carlos K.、ヒット曲を生み出すために…
J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー、明日を美しくするヒントやキッカケを探る「ESTEE LAUDER MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」。4月14日(土)のオンエアでは、音楽プロデューサー・Carlos K.さんをお迎えし、ヒット曲を作るコツについてお訊きしました。

■曲の作り方

Carlos K.さんは、西野カナ、中島美嘉、Little Glee Monster、AKB48、乃木坂46など、多くのアーティストへの楽曲提供やプロデュースを手がけています。2016年には作曲・編曲を手がけた、西野カナさんの『あなたの好きなところ』で日本レコード大賞を受賞しました。

ヒットメーカーとして大忙しのCarlos K.さんは、どのようにして曲を作るのでしょうか?

Carlos K.:家で黙々とひとりで作ってるときもあるんですよ。でも最近は、僕のスタジオにアーティストさんが来てくれて、一緒にワイワイ曲を作ったり。

Carlos K.さんがピアノを弾き、その後ろでアーティストが口ずさむメロディに「それいいね! それでいこう!」と、セッションをしながら曲作りをしているそうです。

■ヒット曲を生み出すために踊る?

「ヒット曲を生み出すコツ」は、あるのでしょうか?

Carlos K.:それが、特にコツというのはなくて。みんなで楽しんで作っているっていうのはあるんですけど。やっぱりアーティストさんのライブとか行ったときに、ファンの人がどういう曲でどういう風に喜んでるかとか、どういう曲がきてほしいのか、というのを想定しながら作ります。

ときには、ライブのようにアーティストと踊りながら曲を作ることもあると明かしました。

■一番エキサイトするのは…

最近ではネットで音楽を楽しむことが増え、音楽の聴き方が変化してきています。Carlos K.さんは、そういった状況をどう感じているのでしょうか?

Carlos K.:すごくいいことだと思います。クリエイターさんも音楽を発信しやすくなる。

Carlos K.は最近、海外のクリエイターやアーティストたちと曲を作っているそうで、曲の音源をメールで送りあって構築していくと言います。

Carlos K.:一番エキサイトするのは、どっちかがその国に行って、その国の空気とかを感じながら、その場で曲を一緒に作っていくこと。

今後、Carlos K.さんからどんなヒット曲が生み出されるのか、注目です。

次回4月21日(土)『SEASONS』では、アーティスト・清川あさみさんがゲストに登場。写真に刺繍を施す独自の手法や、個展『ADASTRIA 美女採集 by ASAMI KIYOKAWA』の被写体に選んだ、水曜日のカンパネラ・コムアイさんや菅原小春さんなど、彼女から見た「美女」について伺います。お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEASONS』
放送日時:土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。