体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユニコーンが語る! メンバーが「昔のまんまで」盛り上がったあとの悩みって?

ユニコーンが語る! メンバーが「昔のまんまで」盛り上がったあとの悩みって?
ユニコーンの新曲『OH! MY RADIO』が、J-WAVEの開局30年イヤーのアニバーサリーソング第1弾としてオンエア中です。それを記念して5人に行ったインタビューをお届けします。

同曲は、ユニコーンが2009年にナビゲーターを務めていた番組と同じタイトル。収録中の思い出深いエピソードとは? また、昨年でデビュー30年を迎えた彼らの今後や、結成が発表されたばかりのファンクラブについても、お話を伺いました。

■ベロンベロンに酔ってラジオ収録に!?

――ユニコーンは2009年に半年間、J-WAVEの番組『OH! MY RADIO』のナビゲーターを務めていました(※番組は現在終了)。ラジオをやっていたときの、印象深いエピソードはありますか?

川西:ツアー中に地方で録ったことかな。

手島:全員で打ち上げを抜けて、ベロンベロンで収録したことだね。

ABEDON:ああ、あったねえ。

EBI:ベロンベロンで。

――奥田さんは、2004年に同番組にて、おひとりでナビゲーターを務めていましたが、当時を振り返っていかがですか。

奥田:ラジオは生放送とかもあるから、体力を使うんですよね。最初はいいんだけど、だんだんしんどくなってくるんですよ。ユニコーンで始めてからは、メンバーが入れ替わりでやったこともあるような気がするけど、基本は5人で。だからラクになるかと思ったけど、そんなことはなかったですね(笑)。記憶に残ってるのは、スタジオが禁煙になったことかな。「(タバコが吸える)下のスタジオじゃないと嫌だ」って言い続けてました。

手島:半年間だったんで、収録に車で通ってて、「駐車場のここに停めたらエレベーター乗りやすい」とわかったころに終わりましたね(笑)。

――ラジオ自体に思い出はありますか。リスナーとして聴いていたころは?

川西:ありましたよ。昔はインターネットなんかなかったですからね。

奥田:『FMレコパル』(小学館の発行していたFM情報誌)買ってたもん。

EBI:俺、ビクターのラジカセ『P-COMPO(ピーコン)』持ってたな。

奥田:あったね!

手島:昔はこんなにFM局もなかったですからね。広島なんて、当時NHKしかなかった。

奥田:「広島FM」は大人になってからよ。

川西:FMはラジオの音がキレイでびっくりしたもんね。

EBI:俺、当時ステレオっていうのよくわからなかった。友だちに「おまえこれモノラルのままだぜ」とか言われて。

全員:(笑)。

■盛り上がったあとは…メンバーに共通する「体」問題

――ユニコーンは昨年でデビュー30年を迎えました。昔と比べて、音楽やバンドへの向き合い方は変わりましたか。2009年に再結成されてから、10年近く経っていますが……。

川西:そうですね。もう再結成してからのほうが、活動歴が長いもんね。どうですか、EBIさん。

EBI:変化ですか。やっぱり顕著なのは、体ですよね。

全員:(笑)。

ABEDON:いや、そうねえ。

手島:わかりやすい。

奥田:心とバランスが合わないよね。

EBI:「こうしたいのに……」っていうジレンマがありますよね。

手島:するときは、できるんだよ。でも、あとになってしんどいですよね。その場はいいけど。

川西:その場は盛り上がってるもんね。昔のまんまで。そのあとがね。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。