体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鑑識は捜査一課を立入禁止にもできる影の実力者

鑑識は捜査一課を立入禁止にもできる影の実力者

事件が発生すると、捜査一課の刑事より先に現場に駆け付けるのが鑑識課員。証拠採取の専門である鑑識課員は、プロの技術で証拠をあぶり出します。事件現場では、時には刑事よりも立場が上になることもあるほどです。どんな事件もその働きがなければ成り立たない、鑑識の仕事について詳しく見ていきましょう。

鑑識課の仕事は遺留品を集めること

現場で腰を屈めてうずくまり、黙々と働く制服の捜査員。鑑識課員といえば、そんな地味なイメージがあるでしょう。しかし、どんな事件も起訴か不起訴の判断もしくは裁判で容疑者を有罪とするには、鑑識課の働きがないと成り立たないのです。

鑑識課の仕事は、遺留品を集めること。それこそ髪の毛1本から爪のひとかけらまで収集し、指紋や足跡といった痕跡も独自の技術で採集・分析します。この遺留品が逮捕から起訴、そして裁判の判決に至るまでの証拠になります。

つまり、苦労して被疑者を逮捕し自供を得ても、鑑識課員の集めた証拠がなければ、最終的に無罪となる可能性が大きいのです。鑑識課員が現場で活動している間は、他の捜査員を立ち入らせないこともあります。

鑑識課は捜査一課の刑事と同じ立場

私服の刑事が立ち入り禁止のテープを潜り抜け、鑑識課員にあれこれ尋ねるシーンを警察ドラマなどで見かけたことがあるはず。しかし、捜査一課の刑事といえども鑑識課員に指示や命令を与える権限はありません。

鑑識課は刑事部に属し、他の課とは独立しています。捜査一課や捜査二課の刑事などと立場は同じです。現場で鑑識活動が行われている間、捜査員の立ち入りを禁止することもあります。目に見えない痕跡や細かい証拠品を探す間、ドカドカと刑事たちに入り込まれては、作業の邪魔になるからです。

事件が発生すると、まずは所轄の署員が駆け付け現場を見張ります。続いて、鑑識課が向かって現場の証拠を集め始めます。殺人だけではなく、強盗、放火、盗犯といったあらゆる事件を扱い、24時間体制のために極めて多忙。しかも、専門技術や知識が必要なため、慢性的に人員不足だといわれています。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。