体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ、デキない人ほど「時間がない」と嘆くのか?ーーマンガ家三田紀房インタビュー《後編》

さて。インタビューの後編はいかがでしたか?

変化のスピードがますます加速している現代。心の中で「時代から取り残されたくない」と焦り、見えないものをなりふり構わず追いかけながら、「自分の時間がない」と嘆いているのが今の私たちではないでしょうか。

今回の話のキモとは、「自分のこだわりと相手のこだわりは違う」という点です。相手が求めているものをタイムリーに提供してこそ、初めて商品としての価値が生まれます。同じように、タイムマネジメントも「世の中が自分に求めているものが何かを知り、そこにフォーカスをしていく」ことにヒントがあるのではないでしょうか?

f:id:fujimine:20180116170317j:plain

EDIT&WRITING:俣野成敏 PHOTO:平山 諭

俣野成敏(またの・なるとし)

30歳の時に遭遇したリストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。年商14億円の企業に育てる。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、さらに40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。『プロフェッショナルサラリーマン』及び『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』のシリーズが、それぞれ12万部を超えるベストセラーとなる。近著では、日本経済新聞出版社からシリーズ2作品目となる『トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」』を上梓。著作累計は39万部。2012年に独立、フランチャイズ2業態5店舗のビジネスオーナーや投資活動の傍ら、『日本IFP協会公認マネースクール(IMS)』を共催。ビジネス誌の掲載実績多数。『ZUU online』『MONEY VOICE』『リクナビNEXTジャーナル』等のオンラインメディアにも寄稿。『まぐまぐ大賞(MONEY VOICE賞)』1位に2年連続で選出されている。一般社団法人日本IFP協会金融教育研究室顧問。

俣野成敏 公式サイト

【関連記事】

→ 俣野 成敏氏の記事一覧

関連記事リンク(外部サイト)

天職が見つかる「3つの要素」とは?|Forbes JAPAN 谷本有香のメタ認知キャリア論
「好きなもの」を追い求めて、気が付いたらここにいた――ゲームプロデューサー広野啓の仕事論
邪魔なプライドは25歳で捨ててきた…“with B”こと芸人【ブリリアン】の今どきの成功のツカミ方

前のページ 1 2 3
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。