体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ、デキない人ほど「時間がない」と嘆くのか?ーーマンガ家三田紀房インタビュー《後編》

なぜ、デキない人ほど「時間がない」と嘆くのか?ーーマンガ家三田紀房インタビュー《後編》

『インベスターZ』や『エンゼルバンク』『マネーの拳』など数々のヒットマンガを生み出している三田紀房先生。これまで30年に渡って、マンガ界のトップを走り続けてきた三田先生に、前編ではヒットマンガの「名セリフ誕生の舞台裏」についてお伺いしました。後編はビジネスにも応用できる「時間術」についてです。

f:id:fujimine:20180116165404j:plain

【プロフィール】

三田紀房

1958年生まれ、岩手県北上市出身。明治大学政治経済学部卒業。

『ドラゴン桜』で2005年第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

1月25日より『週刊モーニング』で『ドラゴン桜2』の連載がスタート。

自分が本当にやるべき仕事とは何か?

俣野:「タイムマネジメント」を中心にお伺いしていきたいと思います。現在、「時間がない」と悩んでいる方に対して、先生からアドバイスはありますでしょうか?

三田:やはり基本は「自分のやることを絞る」ということですよね。例えば、私の場合、自分で1から「本を読みます」「資料を集めます」・・・とやっていれば、どうしても時間とコストがかかります。まずは「自分は何に特化するべきか」を決め、それから「誰に何を任せるか」を考えていくことです。

俣野:今すぐ実現はできなくても、まずは「どうすればこの仕事を他人に渡すことができるか?」と考えることが第一歩ですね。

三田:はい。会社員であれば、通常はチームで動いているはずですし、人事異動で新人や後輩が配属されているかもしれません。その仕事に相応しい人を見つけたら、いつまでも自分が主体になるのではなく思い切って全権を委ね、任せてやってもらう勇気をもつことも重要です。ポイントは「役割を明示し、ルールをつくる」こと。さもないと、「これをあの人に頼んだら悪いかな?」とか「この仕事はこの人にお願いするべきか?」といったことを考えているうちに、時間は容赦なくすぎていきますから。

私は経営者にお会いする機会も多いのですが、実は忙しい人のほうが、意外に遊んでいるものです。たとえば「今度、食事でも」という話になると、「では明後日に」といった具合に、相手はすぐに都合をつけてくれます。「時間がない」と嘆いている人は、自分でやらなくてもいいことまでやってしまい、がんじがらめになっているのではないでしょうか。

俣野:「この仕事は本当に自分がやるべきなのか?」と自問し、行動してみることですよね。ところで、三田先生は毎日の仕事はルーティンワークで決めていらっしゃるのでしょうか?「何時に起きて」「何時にこれをやって」といったように。

三田:はい、そうです。年齢を重ねると、若いころのようにフルパワーでは動けませんので、仕事をルーティン化して、コンスタントに進めるようにしています。『ドラゴン桜2』を外部委託することにしたのも、「仕事を続けたいけれど体力的にキツイ。だったら、他人にお願いして描いてもらおう」という、シンプルな理由からです。

俣野:「外注する」までに、どのように素地をつくったのでしょうか?

三田:はい。これまで半年以上かけて、そのための準備を進めてきました。外注先には何度も出向き、絵の描き方をパターン化して、目から眉毛から、描き方をすべて教えました。間違いがあればその都度、「指摘して直してみせて」の繰り返しです。技術移転は終わったので、私の作業は実際の原稿のチェックをすればいいだけとなりました。

俣野:まさに「任せてやってもらう勇気」ですね。

三田:そうは言っても、絵だけですから。すべてを人に任せるわけではありません。ネームは私が描きます。ネームとは原稿のコマ割りを行い、セリフとキャラクターの配置を決めることです。マンガは、99%がネームで決まります。絵を描くというのは、それを行なった後の作業のことであって、実際はネームが命だと言っても過言ではありません。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。