体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中田英寿プロデュースの酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」 全国から110の酒蔵が!

中田英寿プロデュースの酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」 全国から110の酒蔵が!
J-WAVEの番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。4月18日(水)のオンエアでは、20日(金)から開催される、元サッカー日本代表、中田英寿さんプロデュースによる「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2018」をピックアップしました。

■中田さん自身が300種のお酒を飲んで厳選!

中田:日本酒について、意外と知らない人が多いので、広めたいと思いスタートしました。おととしから初めて、今回で3回目です。イベント自体は多くの人に知ってもらえるようになったと思いますが、銘柄や特徴が伝えきれていないので、今まで以上に幅の広い食のセレクションをしたり、お酒も全部の県から一蔵ずつ出したりしています。

日本文化としての日本酒をより楽しんでほしいという思いのもと、会期中は連日、日本を代表する酒蔵と名店が出店します。昨年は10日間の開催で計11万人が来場しました。今年は4月20日(金)から4月30日(月)までの11日間。過去最多となる110の酒蔵が全国から大集合します。ラインナップは中田さん自身が300種類ほどのお酒を飲んで厳選したものです。

毎日、テーマにそった10の酒蔵が日替わりで出店。ちなみに、初日はスパークリング酒の日。それ以降は地域性をテーマに、各地のフードとお酒が登場します。最終日には幻とも言われる十四代も登場!

日本酒だけでなく、それに合う食事のセレクトにも、中田さんの並々ならぬ思い入れが感じられます。

中田:自分が普段から本当に好きで行っているレストラン、自分が日本酒に合うと思うフードにこだわりました。日本食以外にも、イタリアン、フレンチ、中華、そして今年は新たにスペイン料理も加えました。フランスから来てもらうお店もあるし、地方のお店も出てきたり、自分がオーガナイズしてなくても毎日行きたいお店がそろっています。

お店は11日間でのべ15店登場予定で、最終日には、3年以上先まで予約がうまっている、日本一予約がとれない鮨屋「三谷」も!

会場自体も見所のひとつです。

中田:昨年は桜がテーマでしたが、今年は竹で装飾します。竹は日本人にはなじみがあるようでいて、でも東京にいるとあまり見ることもないですよね。ビルの森の中に竹の森を作ったらどうなるかなと。夜は照明も入って、竹が織りなす影も見所のひとつじゃないかと思います。

会場は六本木ヒルズアリーナ、料金は酒器とコイン11枚がついたスターターセットが3500円です。時間など詳細は公式サイトでチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。