体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

育児をするならどの街? 家族で住む場所や環境の選び方を早稲田大学の佐藤将之先生に聞いてきた

子育て中の家族に優しい・うれしい住む街の選び方とは?

育児中の家族にとっては、とっても気になる自治体のサポート制度や周辺環境。せっかくなら “子育てを応援してくれる街”で、のびのびと子どもを育てたい。

早稲田大学人間環境科学部の准教授であり、建築計画研究・こども環境学の専門家である佐藤将之先生に、子育てファミリーの住む街選び、環境のチェック方法を教えてもらった。
子育てはのびのびとした整った環境でおこないたい。子育てにいい街を選ぼう!|育児をするならどの街? 家族で住む場所や環境の選び方を早稲田大学の佐藤将之先生に聞いてきた

子育てはのびのびとした整った環境でしたいもの。子育てにいい街を選ぼう!子育てを応援してくれる街に住む

子育てはもちろん、子育て以前の妊娠中からお母さんをサポートしてくれる制度も、年々手厚くなっている。

例えば全14回の妊婦健診の費用を全額負担、妊婦さんへのタクシー券プレゼント、出産祝い金、家事応援券など、その金額や種類は各自治体によって異なり、かなり個性的。このほかにも「3人目以降の児童手当が金額アップ」「中学生まで医療費が無料」など、チリも積もれば山となる補助もたくさんある。

「少子化が進む日本では、いかに子育て世代を呼び込むか、若いファミリーに引っ越して来てもらえるかが自治体の生き残りを左右するので、どこもサポートを充実させている」と佐藤さん。

選ぶ側もこれから住む場所がどんな補助を行っているかを細かくチェックして、部屋選びの参考にしよう。
各自治体が子育てファミリーへのサポートに力を入れている。家族で住む場所選びの参考に、自治体の補助をチェックしてみよう|育児をするならどの街? 家族で住む場所や環境の選び方を早稲田大学の佐藤将之先生に聞いてきた

各自治体が子育てファミリーへのサポートに力を入れている。家族で住む場所選びの参考に、自治体の補助をチェックしてみよう家族で住む場所選びの3つのポイント

佐藤先生いわく子育てを応援してくれる街の中でも、特にチェックするポイントは3つだという。金銭面でのサポートも大事だが、人間関係、周辺環境も重要とのこと。

のびのびと子育て生活を送れるためにも、しっかり押さえて部屋探しをしよう。①.遊び場の近くを選ぶ

佐藤先生によると、0歳~3歳の子どもと親が遊べる「子育てサロン」や「赤ちゃんひろば」などの子育て支援事業も2000年以降、急速に増え、孤独になりがちな新生児母への交流の場を各自治体が提供しているという。

子ども向けリトミックや絵本の読み聞かせなどのイベントや教室が開かれ、ママ友づくりはもちろん育児相談もできる施設がほとんどだ。

「もう少し子どもが大きくなったら、自然のなかで制限なく伸び伸びと遊べる冒険遊び場(プレイパーク)のような施設があれば、週末に親子の時間も充実するだろう」と佐藤先生。

これらの施設は基本的に無料なので、絶対に利用した方がお得。このような場所が近隣にあるかどうか、交通のアクセスが便利かどうかも選択の一つにしてもいいだろう。

これらの情報は全て各都道府県や自治体のHPに掲載されているので、候補の街を忘れずにチェックしたい。自治体によりサポートの内容が異なるので、今の家族の状況に合う内容を確認して、住む街を選べるのも賃貸生活の強みかもしれない。
最近では赤ちゃんと一緒に楽しめる室内遊び場も増えている。どんな施設があるかをチェックして、引っ越し先を決めるのもいいかも!|育児をするならどの街? 家族で住む場所や環境の選び方を早稲田大学の佐藤将之先生に聞いてきた

最近では赤ちゃんと一緒に楽しめる室内遊び場も増えている。どんな施設があるかをチェックして、引っ越し先を決めるのもいいかも!②.都心部の広場・緑化に注目

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。