体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「言いふらしたい!レンジでカルボナーラ」が本当に誰かに自慢したくなるほど簡単&美味しい

「言いふらしたい!レンジでカルボナーラ」が本当に誰かに自慢したくなるほど簡単&美味しい

 ツイッター上で電子レンジを使った超簡単カルボナーラが話題になっていました。見てみると確かにレシピは簡単。加熱はレンジのみ。しかも時間にすると7~8分で作れる超時短レシピです。と……、こういうレシピを紹介すると大体言われるのが「電子レンジで作る料理なんて所詮(鼻笑い)」。でも、その鼻笑い、ちょっと待って!一回吸って!スーー。ハァーー。

 結論から言いますと「誰かに食べさせて自慢したいレベル」に美味しかったです。ねぇねぇこれ私作ったの(ドヤ顔)したい程です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 このレシピを紹介したのは、シリーズ累計510万部を突破する「syunkonカフェごはん」シリーズの著者である山本ゆりさん。4月7日には最新「syunkonカフェごはん めんどくさくない献立」(宝島社)が発売されたばかり。

 以前ブログで「言いふらしたい!レンジでカルボナーラ」として紹介したものを今回改めてツイッターで紹介したところ、4万5千いいねを集めるほど話題に。ありがたいことに、記事でのレシピ紹介の許可をいただけたので早速紹介していきます!

レンジのスパゲッティで圧倒的にうまくできたのがカルボナーラ。(「おはよう朝日です」で紹介しました)

こんな作り方で美味しいわけないと思いきや、驚きの味。カルボナーラを作って失敗したことがある方に作ってもらえたら嬉しいです!

レシピは下にくっつけて書きます。
※麺は5〜7分茹でのもので pic.twitter.com/Y2sqkMVQab

— 山本ゆり(syunkon) (@syunkon0507) April 18, 2018

■材料

・スパゲッティの麺:1束(1人分約100g)
・ブロックベーコン:60g ※薄いベーコンでも大丈夫
・ニンニク:1/2片 ※好みで量を増やしても可
・水:220 ml
・塩:少々

(A)
・顆粒コンソメスープの素:小さじ1/2
・生クリーム(植物性ホイップでも可):100 ml(1/2カップ)

(B)
・卵:1個
・粉チーズ:大さじ1
・塩、こしょう:各少々

(仕上げ)
・粗挽き黒胡椒:好みで
・ドライパセリ:好みで
・粉チーズ:好みで

■手順

1:2つに折ったパスタと水、塩、みじん切りにしたニンニク、好みの大きさにカットしたベーコンを耐熱容器に入れ、ラップ無しで600Wで6分加熱。


2:1を加熱している間に(A)と(B)を用意します。

(A)は生クリームに顆粒コンソメスープの素を入れて混ぜるだけ。コンソメが溶けきらず残っても大丈夫です。後に加熱するのでその熱で溶けます。

(B)は卵、粉チーズ、好みの量の塩胡椒を入れ混ぜます。味付けはここで整えてください。なお、卵は常温にもどしていない物で大丈夫。冷蔵庫からすぐ取り出したものでも使えます。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。