体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インテリアコーディネート術】賃貸物件をDIY! 男前インテリアで部屋づくりをするコツ

原状回復できるDIYをフル活用した男前インテリアな部屋づくり

こだわりの部屋づくりを学ぶため、今回は神奈川県川崎市にある2DKの賃貸物件に住むM.Iさんの部屋を訪問してみた。

アクセサリーやDIY家具のネット販売を行っているM.Iさん。元々趣味だったハンドメイドから本格的なDIYに惚れ込み、ついには自宅にある家具のほとんどを自作してしまうほどに。

原状回復のことを考えたインテリアコーディネートはアメリカンヴィンテージがテーマ。カラーは黒と茶色に統一し、アクセントで緑を加えることが雰囲気づくりのポイントだ。

おしゃれなだけでなく、普段の暮らしをいかに快適にするかを意識し部屋づくりを楽しんでいる。住まいのアイデアはSNSやコミュニティサイトで発信中だ。
欲しい家具は自分で作るM.Iさんに、男前インテリアな部屋づくりのコツを教えてもらった|【インテリアコーディネート術】賃貸物件をDIY!男前インテリアな部屋づくりのコツ

欲しい家具は自分で作るM.Iさんに、男前インテリアな部屋づくりのコツを教えてもらったプロフィール

名前:M.Iさん(Instagram:@mofull.cats)
職業:ネットショップ経営
居住地:神奈川県川崎市 宮前平駅より徒歩20分
居住年数:4年物件データ

間取り:2DK
築年数:20年
1人暮らしであれば、ゆったり過ごせる2DKの賃貸物件の間取り|【インテリアコーディネート術】賃貸物件をDIY! 男前インテリアな部屋づくりのコツ

1人暮らしであれば、ゆったり過ごせる2DKの賃貸物件の間取り①.画用紙でお手軽イメージチェンジ

雰囲気づくりに欠かせない壁紙の一部に、一般的な黒い画用紙を使用。マスキングテープや跡の目立たないホッチキスで固定すれば、低コストで雰囲気を変えることができる。
壁の1面に画用紙を施して壁紙風に。黒色を用いればどの家具との相性もいい上にほどよく無骨さも出てヴィンテージアイテムともマッチする|【インテリアコーディネート術】賃貸物件をDIY!男前インテリアな部屋づくりのコツ

壁の1面に画用紙を施して壁紙風に。黒色を用いればどの家具との相性もいい上にほどよく無骨さも出てヴィンテージアイテムともマッチする②.はがせる壁紙シートと新聞紙で作る「こなれ感」

無機質な扉はレンガ柄のはがせる壁紙シートを接着。その上から、一度くしゃくしゃにした英字新聞紙や包装紙をランダムに貼り付けることで、味わいのあるレトロさを作り出す。
扉にはただ1枚の壁紙を貼るのではなく、英字新聞など数種類の紙を貼ってレトロヴィンテージにアレンジ|【インテリアコーディネート術】賃貸物件をDIY!男前インテリアな部屋づくりのコツ

扉にはただ1枚の壁紙を貼るのではなく、英字新聞など数種類の紙を貼ってレトロヴィンテージにアレンジ③.取り出しやすく機能的なオープンシェルフ

場所を取る調味料類はおそろいの容器に詰め替えて自作のオープンシェルフに収納。使いやすく見た目もおしゃれに。耐震マットで固定しているので穴を開けなくても強度は◎。
シンプルだったキッチンは、収納を増やしたり壁紙を貼って自分らしくアレンジ。色味を統一すれば物が多くてもおしゃれな印象に|【インテリアコーディネート術】賃貸物件をDIY!男前インテリアな部屋づくりのコツ

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。