体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

故デヴィッド・ボウイがデザインされたメトロカードが誕生

故デヴィッド・ボウイがデザインされたメトロカードが誕生

 米NYのソーホーに長年住んでいたボウイにとってNYはゆかりのある都市で、現在、米NYのブルックリン・ミュージアムではここ日本でも話題を呼んだデヴィッド・ボウイの大回顧展『DAVID BOWIE is』が開催されている。

 この一環として、ソーホーの地下鉄ブロードウェイ―ラファイエット駅ではボウイに関連した大々的な広告展開が行われ、ボウイ・ファンにとってちょっとした聖地となっている。そんな中、ボウイが描かれた駅構内の壁画に加えて話題となっているのが、彼のデザインが施されたメトロカードだ。音楽配信サービスのSpotifyが、大回顧展にて展示されている写真から制作したこのメトロカードの値段は、2回分の乗車が可能な6ドル50セント(約700円)で、デザインは5種類あり、250,000枚限定とのことだ。

 『DAVID BOWIE is』は、7月15日までブルックリン・ミュージアムにて開催される予定で、5月2日にはブルックリンのキングス・シアターにてボウイによる2015年のミュージカル『ラザルス』のフィルムが特別上映される。

◎NYCT Subwayによる投稿
https://twitter.com/NYCTSubway/status/986344086662713344

◎ファンによる投稿
https://www.instagram.com/p/BhqMp8Blb21

関連記事リンク(外部サイト)

カート・コバーン、デヴィッド・ボウイらロック・スターの手書き文字がフォントに
英アイルズベリーに設置のボウイ像、除幕から48時間以内に汚される
グリーン・デイのビリー&マイクが新覆面バンドでシークレット・ライブ開催 ボウイやトム・ペティーをカヴァー

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。