体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スコット・イーストウッド、映画パシフィック・リム:アップライジング』の魅力語る

スコット・イーストウッド、映画パシフィック・リム:アップライジング』の魅力語る
J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MON CAFÉ FAV STYLE」。4月14日(土)のオンエアでは、現在公開中の映画『パシフィック・リム:アップライジング』に出演する俳優スコット・イーストウッドさんがゲストに登場。映画の裏側についてお話を伺いました。

■イタリアン・デザイナーの服がフィット

スコットさんの父は、あのクリント・イーストウッド監督で、兄は先日同番組にも登場した、ミュージシャンのカイル・イーストウッドさんです。

まず、スコットさんのファッションについてお訊きしました。今をときめくハリウッド俳優は、どんなファッションがお好きなのでしょうか?

スコット:居心地のいい格好って言ったら……やっぱり裸かな(笑)。まぁ、それは冗談として。スタイリストがいなかったら、何を着ていいかわからないぐらい、あまりファッションは詳しくないんだよ。

イタリアン・デザイナーの服が体にフィットするということはわかっているそうで、この日も「アルマーニ」を着ていたスコットさんは、クラシックな服が好みだと話しました。

■映画『パシフィック・リム:アップライジング』の魅力

そんなスコットさんが出演する映画『パシフィック・リム:アップライジング』は、2013年に公開された『パシフィック・リム』の続編です。前作で描かれたKAIJUとの死闘から数年が経過した地球が舞台。進化を遂げたKAIJUと再び対決するため、若きパイロットたちが人型巨大兵器「イェーガー」に乗り込みます。果たして地球を守ることができるのか……というストーリーです。スコットさんは、若きパイロット達のリーダー役を務めています。

スコットさんが初めて観た怪獣映画について伺うと、以下のように答えてくれました。

スコット:最初に観た怪獣映画は、『ゴジラ』だったと思うよ。たぶん10歳くらいのとき。怪獣を作り上げて、それが戦いを通して街を破壊する、そういうシーンに圧倒されたよ。 

続いて、『パシフィック・リム:アップライジング』の魅力をお訊きしました。

スコット:僕がこの映画で一番好きなところは、この映画の持つメッセージ性。たとえば、誰であれ、どこ出身であれ、その人が信じているものがどんなものであれ、「世界の問題にひとつになって立ち向かおう!」というメッセージが本当に好きなんだ。多様性、多文化、ダイバーシティというものが描かれていると思う。

人種、国、考え方などを超えて一致団結する姿が描かれる『パシフィック・リム:アップライジング』。ぜひ劇場でメッセージ性を感じてみてください。

次回4月21日(土)『SEASONS』の「MON CAFÉ FAV STYLE」(13時5分頃開始)には、PENTATONIXが登場します。彼らのオシャレのこだわりや、お気に入りの曲を紹介します。お聴き逃しなく!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEASONS』
放送日時:土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。