体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石井竜也、初座長公演ゲネ公開

石井竜也、初座長公演ゲネ公開

 石井竜也が、これまで発表してきた?和テイスト”な楽曲をコンプリートしたベスト盤的なアルバム『龍』を4月18日に発売。この作品には過去音源のリテイクやこの作品の為に書き下ろした新曲が収録され、CD3枚組、全39曲収録の超豪華版となっている。さらに初回特典には過去のLIVE映像を厳選収録したBlu-rayがついてくる。

石井竜也、ゲネ&囲み写真(10枚)

 このアルバムを携えて、石井が初座長を務める全国ツアー【石井竜也コンサートツアー2018-陣JIN-】が、4月19日 東京・明治座を皮きりにスタート。2020年東京オリンピックに向け、石井竜也が「ネオジャパネスク」「ヒューマン」をコンセプトに、その独創性と、強烈なインパクトで放つ、初座長を務めるエンターテイメントコンサートツアーとなっている。

 このツアーは2部制となっており、1部のエンターテイメントパフォーマンスステージ「将軍たちの午後」 は「日本の歴史がもう一つあったとしたら?」というイフの世界を舞台にした、”ネオジャパネスクエンターテイメントコメディ”に、2部のプレミアムコンサート「天龍降臨」では、米米CLUB・石井竜也の数々のヒット曲を和テイストにアレンジし、和楽器を含む特別編成でおこなうスペシャルコンサートをお届けする。

 明治座で公開ゲネプロと石井竜也の会見が行われたが、その会見のなかで「日本の文化を継承している場所でコンサートをする機会を頂いたので、石井竜也らしい明治座を目指しました。」と初座長公演に対する意気込みを語り、1部のステージに関しては「舞台の内容は、単なる時代劇にならないように、登場する将軍たちの”人間らしさ”にフォーカスを当てながら内容を練り上げました。」と、いわゆる時代物とは違う視点でストーリーを描いた内情を語った。

 今舞台とCD共通のテーマである「ネオジャパネスク」というキーワードについては「伝統を守ることも大事だが、今風に”和”をアレンジすることを意識しました。第二部では、和テイスト楽曲を集めた今回のアルバム『龍』から珠玉の良曲を披露します。」と、日本という国がはぐくんだ「和」という文化を尊重し真剣に向き合ってきた石井竜也の熱い想いが伝わってくる会見となった。

撮影:荒川 潤

◎リリース情報
アルバム『龍』
2018/4/18 RELEASE
<初回盤> SRCL-9725~28 12,000円(tax in.)
<通常盤> SRCL-9729~31 6,000円(tax in.)
https://www.sonymusicshop.jp/m/arti/artiShw.php?cd=70000851

関連記事リンク(外部サイト)

石井竜也 4月にニューアルバム『龍』発売決定! 新曲含む全40曲収録、初回盤には厳選ライブ映像も
石井竜也 海外ドラマ『シカゴ』シリーズ3曲同時タイアップ記念インタビュー、楽曲と作品の繋がりをそれぞれ解説
石井竜也、海外ドラマ『シカゴ』シリーズ3部作で3曲同時タイアップが実現

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。