体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

洗顔フォーム卒業宣言!肌にもお財布にもやさしい“洗顔石鹸”でもちっと肌を目指したい♡

今まで洗顔にはチューブタイプの洗顔フォームを使っていたけれど、最近ちょっと“洗顔石鹸”が気になる…。

人気のものは? おすすめの石鹸って?

みんなが使っている定番石鹸をインスタグラムで調査してみましたよ♡

コスパ良し!香りよし!牛乳石鹸

洗顔フォーム卒業宣言!肌にもお財布にもやさしい“洗顔石鹸”でもちっと肌を目指したい♡

Instagram@__1.000__

ロングセラー商品の「牛乳石鹸」は、レトロなパッケージがかわいい上に、コスパも良く、香りも優しいことで人気のアイテム。牛が描かれた赤箱と青箱は、見たことある人も多いのではないでしょうか♩

洗顔フォーム卒業宣言!肌にもお財布にもやさしい“洗顔石鹸”でもちっと肌を目指したい♡

Instagram@__mocann__

日本人の肌にやさしい“天然うるおい成分”は、化粧した後のお肌にも優しく、洗い終わったあとのつっぱるような感じもない。

価格は1箱入り100円(税抜)、3箱入り300円(税抜)、6箱入り600円(税抜)。お財布にもやさしいなんて素敵です♩

アイテムを詳細を見る♡

牛乳石鹸

https://www.cow-soap.co.jp/

はちみつ好きにはたまらない!みつばちマーチ

洗顔フォーム卒業宣言!肌にもお財布にもやさしい“洗顔石鹸”でもちっと肌を目指したい♡

Instagram@ayahkah

LUSH(ラッシュ)の「みつばちマーチ(620円・税抜)」は、はちみつ好きにはたまらない、甘〜い香りのする石鹸。

保湿成分が入っているので洗い上がりもっちり。敏感肌の方にも使えるそうですよ!

プレゼントとしても喜ばれるアイテムですよね。

アイテムを詳細を見る♡

LUSH

https://jn.lush.com/

Tゾーンがさっぱり!ドットウォッシー

洗顔フォーム卒業宣言!肌にもお財布にもやさしい“洗顔石鹸”でもちっと肌を目指したい♡

Instagram@_ggnt_

ペリカン石鹸より発売されている「ドットウォッシー(500円・税抜)」は、化粧残しや古い角質などの汚れを洗って落としてくれる洗顔石鹸。

女性が悩みがちな“いちご鼻”も軽減してくれる効果があるそう!

ですがちょっときつめの香りがするので、香りの好き嫌いが激しい方は事前に確認してみてくださいね。

アイテムを詳細を見る♡

ペリカン石鹸

http://www.pelicansoap.co.jp/index.html

宝石みたいでかわいい♡ ホネケーキ

洗顔フォーム卒業宣言!肌にもお財布にもやさしい“洗顔石鹸”でもちっと肌を目指したい♡

Instagram@keikotvxq

きらきら光る宝石みたいな見た目がかわいい、資生堂の「ホネケーキ(540円・税込)」。おばあちゃんやお母さんが使っていた! という人も多いのでは?

置いておくだけでもかわいいこの石鹸は、1981年に発売されその後も人気のロングセラー商品。クリーミーな泡は洗い上がりの肌をさっぱり、でもしっとりと整えてくれるそう♡

アイテムを詳細を見る♡

資生堂

http://www.shiseido.co.jp/wp/index.html

化粧水だけじゃなかったんだ!美顔石鹸

洗顔フォーム卒業宣言!肌にもお財布にもやさしい“洗顔石鹸”でもちっと肌を目指したい♡

Instagram@harukita0816

レトロなデザインがかわいいと人気の「美顔水」。130年のロングセラー商品ですが、化粧水だけでなく洗顔石鹸「明色美顔石鹸(540円・税込)」もあるんですよ♩

古い角質や皮脂汚れを除去し、ニキビを防いでくれる効果が期待できるのだそう。

アイテムを詳細を見る♡

明色

http://www.meishoku.co.jp/

石鹸洗顔で肌にもお財布にもやさしく♡

洗顔フォーム卒業宣言!肌にもお財布にもやさしい“洗顔石鹸”でもちっと肌を目指したい♡

Instagram@tom_1.9.8.9

季節の変わりめは、お肌の反応も変わる。このタイミングでお肌にやさしい洗顔石鹸を取り入れてみるのはいかがですか?

▽この記事に付いているタグで検索する

#LUSH #石鹸 #コスメ

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。