体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

笑顔をチェキにして贈る旅。世界33カ国を旅したカメラマンが伝えたい想いとは / 近藤大真

笑顔をチェキにして贈る旅。世界33カ国を旅したカメラマンが伝えたい想いとは / 近藤大真

2018年2月14日、1年半かけて世界33カ国を旅した旅人が日本に帰ってきました。見る人を自然と笑顔に、そして幸せな気分にさせる写真を取り続けるカメラマン・近藤大真さん。

「こんちゃん」の愛称で知られる近藤さんは、旅の様子を日々ブログやSNSで発信しながら、世界中の笑顔を撮影する旅を続けていました。

今こうして友達や恋人や家族と笑い合ってる時間は、いつかかけがえのない時間になる。
そんな時間をずっと忘れずに覚えておきたいから写真を撮るんだ。

このチェキがみんなにとっての宝物になりますように。 pic.twitter.com/vPTFHyIHH6

— こんちゃん@世界一周 (@Hiromasa_kondo) 2017年12月30日

そして帰国後、写真展を全国4都市で開催することが決定。なんとクラウドファンディングで支援金を募ったところ、24時間で目標金額を達成するほどの勢いだったそう。

今回は近藤さんに、世界一周中のお話や写真に込めた想いなどをうかがいました。

笑顔をチェキにして贈る旅。世界33カ国を旅したカメラマンが伝えたい想いとは / 近藤大真

近藤大真:Photographer

「景色も良いけど、出会った人の写真を撮ろう。どうせ撮るならとびっきりの笑顔を。」そんな想いで大学4年時に就職活動を放棄し、ヒッチハイクで日本一周しながら日本中の笑顔を撮る旅へ。

たくさんの人に助けられて、生かされていく中で、自分のできる最大の恩返しが笑顔の写真を撮ることに気づき、自分の写真の意義を見つける。

1000人を超える人の笑顔を撮った旅が終わり、日本一周笑顔写真展を名古屋・沖縄にて開催。大学卒業後は、株式会社ラブグラフにてカメラマンを勤めながら東海地方を中心に活動し、2016年8月から世界中の笑顔を撮る旅へ。

Twitter:@Hiromasa_kondo
Instagram:@hiromasakondo

 

1年半、33カ国の世界一周

photo by Sachiyo

ーー近藤さんの世界一周のテーマを教えてください。

「世界中の笑顔を撮って、チェキにして贈る旅」をしていました。旅の期間は1年半で、33カ国を旅してきました。

 

ーー1年半の世界一周、振り返ってみるといかがでしたか。

「楽しかった」の一言に尽きますね。中でも一番楽しかったのは世界中を旅していて、自分の撮った笑顔の写真を見て相手が喜んでくれたこと。カメラマンとしては、それが一番嬉しかったですね。

photo by Hiromasa Kondo

ーー旅の途中では、路上販売*もされていましたね。

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。